転職初日になると「会社に行きたくない」を繰り返す、本当の理由の見つけ方

転職初日行きたくない

転職先が決まり、とりあえずはホッとした。

でも、いざ出勤日が近づいてくるとだんだん憂鬱になってくる。

転職初日から休む理由を考えてみたり、辞退しようかと悩んでみたり・・

初出勤は誰でも不安で、緊張もします。

初日さえ乗り越えれば大丈夫かな・・と思いながらも逃げることを考えたり・・

世の中には、同じ会社で、何十年と働き続けられる人もいれば

毎日会社に行くのが憂鬱で、転職しても「会社行きたくない」という辛い気持ちは変わらない人もいます。

転職初日から逃げることで、自信をなくし、だんだん社会に出ることに「怖さ」を感じてしまうかもしれません。

こうして不安になってしまうのは、原因が分からないからです。

せっかく再就職が決まったのに「なぜ、会社に行きたくないのか?」その理由を探っていきましょう。

目次

葛藤の奥に本音が眠る

会社に行きたくない

葛藤の奥には、あなたの本音が隠れています。

例えば「再就職しないといけない」と思う気持ちと

「まだ再就職したくない(会社に行きたくない)」と思う気持ち

自分の中で2つの気持ちが引っ張り合う。これが「葛藤」です。

この葛藤の裏にあなたの本音が隠れています。

では、なぜあなたの本当の想いは見えないのでしょうか?

それは、周りの影響で本当の想いや考えにフタをしているかもしれません。

例えば、親から「早く就職先見つけなさい!」と言われたから仕事を見つけた。

でもいざ初出勤日がきたら憂鬱になってきた。

この葛藤の裏には「もう少し休みたい」という気持ちが隠れていた。

または、人によっては「もっと自分に向いてる仕事をじっくり探したい」

という本音が隠れているかもしれません。

親や友人などの周りの助言も大切ですが、

周りから「どう思われるか?」ではなく「自分はどうしたいか?」

を考えることで、あなたの本音がみえてきます。

「会社に行きたくない理由」を見つける方法

会社に行きたくない理由


自分の本音を探るのは、自分に質問を繰り返すことです。

例えば「会社に行きたい気持ちはあるけど、やっぱり行きたくない」

この葛藤の原因を探るには

「なぜ?」と質問を繰り返し掘り下げていきます。

例えば

「なぜ会社に行きたくないのか?」→「人間関係が苦手だから」→「なぜ苦手なのか?」→「嫌われるのが怖いから」→「なぜ嫌われたくないのか?」→「仕事がやりづらくなるから→「なぜ仕事が・・」

と、どんどん自分に質問を繰り返し、問題を掘り下げていきます。

そして、最後に

もう答えが出ない、または同じ答えの繰り返しになってきたら

「じゃ私はどうしたいの?」と考えることです。

例えば

会社に行きたくないのは「周りの人間関係を気にせず仕事がしたい」

と自分の本音が分かったら

「リモートワーク(在宅勤務)」の働き方や、人間関係が深くならない派遣社員で働くなど

いろいろな選択肢が考えられます。

つまり、会社に行きたくない原因さえ分かれば、解決策も分かってきます。

本音の見つけ方「まとめ」
  1. 「なぜ?」の質問を繰り返す
  2. 答えが出なくなったor同じ答えばかりがでてきたら「じゃ私はどうしたい?」と本音を導き出す
  3. 問題の原因が分かれば、解決策が分かる

「会社に行きたくない」が成長のチャンス

会社に行きたくないのは、会社員という働き方自体が苦手な場合もあります。

ちなみに私も会社員は向いてないので、今はフリーランスとして働いています。

フリーランスになるまでは、会社員には向いてないと思いながらも、無理していた時もありました。

転職先が決まり、しばらくすると「あぁ‥行きたくないなーなんで応募したんだろ・・」

と自分でもよく分からない状態に(笑)

自分の本音と行動がバラバラだった時もありました。

でも、自己分析やコーチングをきっかけに適職が見つけられ

ようやく自分に合った仕事や働き方ができるようになりました。

くわしくは 【コーチングを受けた体験談】転職をくり返す原因と適職が分かり収入3倍へ

会社に行きたくない・・と憂鬱だった頃の自分にアドバイスするなら

人は誰にでも才能があり、役割がある

だから、壁にぶつかった時こそ「成長できるチャンス!」だと言いたいです。

人は覚悟できれば、強くなれます。

自分のことを理解できないままだと、ずっと苦しいままです。

会社に行きたくない気持ちをきっかけに、自分のことを理解する時間を作ってみてはどうでしょうか。

以上、転職初日に会社に行きたくないをくり返す原因を探る方法でした。では。

適職に就くための【自分の才能を見つける3つの方法】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次