転職

転職サイトとはどう違うの?「リクルートエージェント」の利用方法

転職エージェント

転職サイトは、自分で求人検索をしたり、希望する求人を登録しておくだけで情報が届きネット内で完結しますが

転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーに直接会って相談ができます。

そこでこの記事では、転職に失敗しないためのエージェントの利用方法を紹介します。

リクルートエージェント公式へ

自分のペースで転職活動したい方はこちらの記事へ⇒「転職サイト「リクナビnext」のメリット、デメリットから利用方法まで」

転職エージェントをおすすめしたい人

おすすめしたい人

□ プロのアドバイスを聞きたい人
□ 業界、企業情報を知りたい人
□ 転職ノウハウを知りたい人
□ 市場価値を知りたい人
□ 向いている仕事が分からない人

転職サイトと転職エージェントの大きな違いはプロに相談でき、アドバイスがもらえることです。

例えば、今の実績で転職すれば給料が上がるのか、下がるのなど自分の市場価値を知ることができたり

自己アピールが苦手な人のために、履歴書の書き方から自己PR方法のアドバイスまで転職ノウハウ全般を知ることができます。

履歴書ひとつとっても、業界によって好まれる書き方が違うためアドバイスがあると心強いですよね。

そして、エージェントはただ求人を紹介するだけでなく、適職が分からないなどまだ方向性が決まっていない人のために

経験、希望を整理(キャリアの棚卸し)をしながら「適職」を明確し、プロの視点からのキャリアプランを提案してもらえます。

「でも・・私には特別なキャリアもないから登録してもいいのかな・・」と不安になる必要はありません。

自分の価値は自分では意外と気がつかないものなので、客観的に見てくれるのがキャリアアドバイザーの仕事です。

だから今まであなたが身につけてきたスキルなどを細かく伝えることが大切です。

もし今のキャリアで、希望する企業への転職は厳しいとなれば、次の転職までにどんな実績や資格などがあればいいのかが分かり

今やるべきことが分かってきます。

でも、ここまで相談したら必ず転職しないといけないの?

と思うかもしれませんが、エージェントで面談を受けたからといって、必ず転職をしないといけないことはありません。

その理由を、エージェントの仕組みと合わせて詳しく解説していきます。

「リクルートエージェント」詳細へ

転職エージェントはなぜ無料?

転職サイトも転職エージェントも全てのサービスが無料ですが、これは企業から報酬をもらっているからです。

「リクナビnext」などの転職サイトの場合は、求人掲載することでその企業から報酬が入ります。

転職エージェントの場合は、成果報酬型のため、人材を紹介することで企業からエージェント会社に報酬が入ります。

だからサービスを受ける私たちは全て無料になります。

ただし、もし紹介され無事に入社しても、すぐ退職されたら成果報酬が入らないだけでなく、企業からの信用がなくなってしまいます。

紹介できる企業(就職先)がなければ、エージェント会社は成立しなくなります。

だから、登録して面談すれば転職をすすめられるだけでなく、市場価値を知って「今は転職はしないほうがいい」という選択肢もあります。

希望しない会社を無理やり勧められないためには、大手のエージェント会社を選ぶことです。

リクルートエージェントのメリット

転職エージェントの大手といえば「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントのメリット
リクルートエージェントまとめ

□ 10万件以上の非公開求人がある
□ 実績豊富なキャリアアドバイザーが在籍
□ 面接セミナーがある
□ 拠点が多い
□ 面談は平日20時以降、土日祝日もOK

リクルートエージェントは、一般公開している求人だけでなく、10万件以上の非公開求人があり、これは業界最大級です。

実績豊富なキャリアアドバイザーが多く在籍していたり、求人紹介だけでなく、面接のセミナーなども行われています。

エージェントは面談できることが最大のメリットですが、東京や主要都市にしかなく諦める人もいますが

リクルートエージェントは拠点が多いのでその心配もありません。

東京の本社をはじめ、北海道、東北、関東、静岡、名古屋、大阪、京都、神戸、岡山、広島、福岡など全国に支社があります。

それでも、平日は会社が休めないという方のために、平日の20時以降、土日祝日の面談もでき、

初回面談は電話でもOK!となっているので、働きながら転職活動もできます。

「リクルートエージェント」詳細へ

今の職場、自分に合っていますか?
転職サイトの選び方 派遣会社の選び方