女性の転職

転職サイト「リクナビネクスト」のメリット、デメリットから利用方法まで

転職サイトリクナビnext

この記事では、大手転職サイトの「リクナビネクスト」の利用方法を紹介します。

そろそろ転職活動を始めたい人はもちろんですが、自分の適職を知ってから、今後の方向性を決めたいという人にも適した転職サイトです。

「リクナビネクスト」公式ページへ

リクナビネクストはこんな人におすすめ

こんな人におすすめ

□ 自分のペースで転職活動したい人

□ 時間がないので効率良く転職活動したい人

□ 自分の適職を知ってから転職したい人

□ まず何から始めればいいか分からない人

リクナビnextは私も登録していますが、実際転職した人の約8割が利用しているだけあって、便利なサービスがあります。

今の仕事をしながら転職したいと思っても、なかなか時間がありませんよね。忙しい人のために、登録して待っているだけで、あなたが希望する求人情報が届くサービスがあります。

また、転職も考えてはいるけど、一体自分にはどんな仕事が合っているのか分からない

ここで一度自分の適職を見直したい方のために、自己分析ツールの結果から求人検索できる機能もあります。

今すぐ転職は考えてなくても、今後の方向性が見えてくるので、今やることも分かってきます。

では具体的なサービス利用方法を紹介していきます。

「リクナビネクスト」詳細ページへ

リクナビネクストのメリットとデメリット

リクナビnextの具体的なサービスを紹介していきますが、良いことばかりではなく不便なこともあります。
そこで、メリットだけでなくデメリットも合わせて紹介します。

オファーサービス

オファーサービスは、希望条件を登録することで企業からオファーがきます。

オファーサービスの良いところは、待っているだけで求人情報が届くだけでなく、

リクナビnextだけの限定求人が約85%もあり、非公開求人もあることから、今まで出会ったことがない求人情報に出会える可能性もあります。

またリクナビnextは提携会社も多数あり、他の企業、エージェントからもメールが届くので、たくさんの転職サイトに登録しなくてもいいというメリットもあります。

これで忙しい人も効率良く転職活動ができます。

(メール設定は届かないように設定もでき、また会員登録に電話番号は必須ではないでのリクナビnextから電話が掛かってくることもありません。)

強み、適職が分かる「グッドポイント診断」

グッドポイント診断とは、簡単な質問に答えるだけであなたの強みから適職を診断してくれます。

ただ診断して終わりではなく、その強みを活かした職種から求人検索ができます。

自分では当たり前にできていることほど見落としがちですが、強みと実績を掛け合わせて自己アピールにつなげることもできます。

早速登録して診断してみる方はこちらリクナビネクスト公式サイトへ

職務経歴の書き方が分かる

初めて転職する人や、自分のスキル、経験をどうアピールしていいか分からない人のために、職務経歴の書き方が職種別に紹介されています。

例えば、経理事務の例だと今の会社で当たり前のように使っている会計ソフトも「身についた知識、スキル」のところに「経理○○会計ソフト」など

普通にできることほど、実績、スキルだったんだと気づくこともできますね。

メリットまとめ

□ 登録して待っているだけで希望する求人が届く

□ 提携会社が多いため、色々なサイトに登録しなくてすむ

□ リクナビnextにしかない求人が非常に多い

□ 自己分析ツールから求人検索ができる

□ 職務経歴の書き方が職種別に紹介されている

登録はこちら

リクナビネクストのデメリット

リクナビnextには色々なサービスがあり、効率的に転職活動ができますが、一番のデメリットは相談できないことです。

ハローワークのような直接面談がないため(キャリアアドバイザーなどに)気軽に相談できないことが最大のデメリットになります。

転職サイトは、自分で決めた企業に応募し面接に行き採用、不採用が決まりますが、企業側からオファーがきても中立的な立場からのアドバイスを聞くことができません。

もし転職が不安、失敗したくないという人は、転職エージェントも同時に利用することでカバーできます。

転職エージェントの仕組みから利用方法はこちら⇒「転職サイトとはどう違うの?「リクルートエージェント」の利用方法」

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトは、ネット内で完結しますが、転職エージェントは面談を通してプロのキャリアアドバイザーに相談できます。

エージェントと聞くと、ヘッドハンティングされるくらいものすごい実績がないとダメなんじゃないかと、ハードルが高く感じるかもしれませんが

自分では気づいていない価値を見つけだしてくれるのが、キャリアアドバイザーの仕事です。

入社面談や職務経歴の書き方から、転職の場合必ず聞かれる「転職理由をうまく伝えるコツ」など様々なアドバイスもしてもらえるので心強いですね。

エージェントに登録したからといって必ず転職しなければいけないということもありません。

半年後、1年後の転職のために、今から身につけておいた方がいいスキルなども相談できるので、今やっておくことが明確になります。

私が転職に失敗して分かったこと

今の会社で働きながら積極的に転職活動するのは、時間もなく体力的にもしんどいですが

私が転職に失敗して一番後悔したことは、前職で体力的、精神的にも限界を超えてから退職したことで、次への転職活動に前向きになれず、妥協してしまったことです。

早く次の再就職先を決めなきゃと思いながらも、行動する気力がなくなっていました。

「やってみたい仕事」より「できそうな仕事」を選んでしまい、これではスキルアップどころではありませんでした。

転職で失敗しないためには、まだ精神的に追い込まれていない、冷静な判断ができる時期にやっておくべきだと反省しました。(詳しくはこちら「辞めたいと思いながらもとりあえず3年働いて残ったもの【転職体験談】」

まだ心に余裕があるうちに転職準備を始めることで、今の会社がイヤだと悩んでいても、選択肢が広がることで精神的にも楽になります。

また、今やるべきことが見えてきて、たとえ人間関係で悩んでいたとしても、自分のやるべき仕事に集中し他人のことなんて気にならなくなってきます。

そこで「やっぱり転職はしない」という結果になってもいいわけです。

そのためにも、何か行動を始めないと現状がずっと続くことになります。

転職に失敗しないためにも、転職活動は気力があるうちに始めることが大切だと思いました。

登録はこちら

今の職場、自分に合っていますか?
転職サイトの選び方 派遣会社の選び方