転職

「人と関わらない仕事」に就きたい女性正社員の職種や働き方を探す方法

女性正社員で人と関わらない仕事探し方

会社の人間関係に疲れたり、コミュニケーションが苦手だとできるだけ「人と関わらない仕事」に就きたいと考えますよね。

だからといって、いきなりフリーランスになるのは不安だし、そのうち「本当に人と関わらないままでいいのか?」という葛藤もでてくるでしょう。

私も以前、従業員が多い会社で働き、人間関係で精神的に追い込まれ退職、次は人との関わりを避けるため小さな会社へ再就職したものの

人数が少ないことで、関わりが深くなってしまい「こんなはずじゃなかった・・」と後悔したことがあります。

そこでこの記事では「人と関わらない仕事の探し方」を解説します。

1.人と「どう関わりたくないか」を考える

2.適性から職種をしぼっていく

3.具体的な求人の探し方

人と関わらない仕事へ転職するには、まず「人とどう関わりたくないのか?」を掘り下げ、自分に合った「職場環境」から考えることです。

人と「どう関わりたくないか」で自分に合った職場環境を明確にする

人と「どう関わりたくないか」であなたに合った職場環境がしぼられてきます。

「社内」の人と関わりたくないのか、それとも「社外」の人と関わりたくないのか

この2つだけでも選ぶ仕事は大きく変わってきます。

例えば
・社内の人と雑談が苦手で休憩時間が苦痛
・社内での人間関係を築くのが苦手だけど、取引先やお客さんとは話せる
・社内、社外ともあまり関わらず、ひとりで完結する仕事がいいなど

人とどう関わりたくないのかを具体的に掘り下げていくことで、あなたに合った職場環境がみえてきます。

もし、自分の希望が分からないという場合は、嫌なことから考えてみましょう。

あなたが避けたいことことの反対が、あなたの望んでいる職場環境になります。

「社内の人と雑談を避けたい」なら交代で休憩できるシフト制やフレックスタイム制(始業・終業時刻を自分で決められる)の会社にするなど

あなたの望む職場環境が明確になってきたら、次は職種をしぼっていきましょう。

適性から職種をしぼっていく

あなたに合った業務、職種を見つけるには自分のことを客観的にみることが重要です。

自分では当たり前にできていることほどあなたの得意なこと、つまり「才能」です。

でも、自分で自分のことってよく分からないですよね。

そこで便利なツールが「適職診断」です。

各転職サイトにはさまざまな適職診断があります。

その中でも、私も実際受けてみて当たっているなと思ったのがリクナビネクストの「グッドポイント診断」でした。

登録するだけですぐ診断できます(登録も診断もすべて無料です

グッドポイント診断へ

人と関わらない仕事を探す具体的な方法

あなたに合った職場環境や職種が絞られてきたらいよいよ仕事探しです。

1.とにかく人と関わらず仕事に集中したいなら「在宅勤務(リモートワーク)」

とにかく他人とは関わらず仕事をしたい!という人は在宅勤務(リモートワーク)の働き方があります。

在宅勤務にも「完全在宅」から「週3日のみ」などさまざまです。

在宅勤務の職種には、エンジニア、デザイナー、ライター、webディレクターなどIT関係やデーター入力、経理、会計などの事務系などがあります。

ただし、大手企業も在宅勤務を取り入れるようになりつつあるとはいえ、まだまだ求人数が少ないのが現状です。

少しでも多く求人情報を知るには、転職サイトを利用することです。

たくさんある転職サイトの中でも「リクナビNEXT」は、転職者8割が利用しているだけあって、他にはない求人が多いです。

利用方法は、リクナビ内で「在宅勤務」で検索してみるのもいいですが、検索してもでてこない非公開求人もあります。

非公開求人を見つけるには、希望の条件を登録するだけで企業からメールが届く「オファーサービス」を利用することです。

表にでてこない求人情報が届くこともあります。

つまり、求人検索してもでてこなかった情報が、メール設定しておくことで出会える可能性が高くなるということです。

在宅勤務の求人を探す

利用方法を詳しく知りたい方はこちらの記事へ⇒転職サイト「リクナビnext」のメリット、デメリットから利用方法まで

転職サイトリクナビnext
転職サイト「リクナビネクスト」のメリット、デメリットから利用方法まで転職サイト「リクナビnext」の利用方法を紹介しています。どうせ登録するなら効率良く転職し、表には出ていない非公開求人、限定求人に出会えるためにもサービスを上手く利用しましょう。また転職に失敗した体験談も合わせて紹介しています。...

2.社内の人と深く関わりたくないなら「派遣社員」

会社の人間関係を築くのが苦手な人は、「派遣」として働く方法もあります。

私も派遣の経験はありますが、長い人間関係を築くのが苦手な人な人にとったら短期派遣や長期でも3カ月毎の更新がある会社は精神的にもすごく楽でした。

正社員として安定して働きたいという方は、派遣から正社員になれる「紹介予定派遣」を利用することができます。

人と関わりが少ないと思って入社してけど、思っていた職場とは違ったという失敗を回避することもできます。

女性におすすめ派遣会社はこちら

女性おすすめ派遣会社
【女性におすすめ派遣会社】いずれ正社員を目指す人も参考にしたい派遣会社は全国に中小から大手までたくさんありますが、あなたの希望・条件に合った企業に出会うためには求人数が多い「大手派遣会社」が圧倒的に...

派遣社員は不安定ではありますが、時給は高く、たくさんの選択肢があります。

3.職場環境、企業情報を得るには「キャリアアドバイザー」に相談

自分に合った職場環境や業務、職種の求人情報を得るには「キャリアアドバイザー」に相談することです。

自分の知識だけで考えていると選択肢は狭くなりますが、おもいきってプロに相談することで新しい選択肢が増える可能性があります。

例えば「○○会社なら一人で作業するスペースも確保され、フレックスタイム制で出勤時間も自分に決められるので、自由度が高いですよ」

といった提案があるかもしれません。

キャリアアドバイザーに相談するには、人と関わりたくない人にとったらハードルが高く感じると思いますが、

相談して話しているうちに、自分の考えも整理されていき、あなたの希望もより明確になっていくという大きなメリットもあります。

そういった情報を知ることができるのもエージェントを利用するメリットです。

転職エージェント一覧はこちら

まとめ

人と関わらない仕事を探すには、職種だけで選ばずまずは自分に合った職場環境から考えましょう。

そして、適性を知り仕事を絞っていきます。

・適職診断をしたいなら⇒グッドポイント診断へ

・在宅勤務を探すなら転職サイトの中でも求人数が多い⇒リクナビNEXTへ

・職場環境を知ってから正社員になるには紹介予定派遣を利用する⇒女性におすすめ派遣会社一覧

・より自分に合った職場環境、企業情報を知りたいなら⇒転職エージェントを利用する

なかなか行動に移せない時は、少し休んでみるのもひとつの方法です。

これをきっかけに「私はどうありたいのか?」と、働く目的から見つめなおすのもいいかもしれません。詳しくはこちら「「やりたい仕事が分からない」のは探す順番が違ったから!失敗しない適職の見つけ方

やりたい仕事が分からない
「やりたい仕事が分からない」のは探す順番が違ったから!失敗しない適職の見つけ方やりたい仕事が分からないのは、ほとんどの人にはやりたいことがないからです。物事から考えるより「私はどうありたいか?」と目的から探し、その手段となるのが仕事です。やりたい仕事が分からない人こそ、あなたの心の中に眠っている目的を思いだすことから始め、適職を見つけることです。...

少し休むことで心に余裕が生まれ、視野も広くなっていきます。

そして覚悟ができた時は、人は強くなれます。

今の職場、自分に合っていますか?
転職サイトの選び方 派遣会社の選び方