女性の転職

「人と関わらない仕事」に就きたい女性正社員の職種や働き方を探す方法

女性正社員で人と関わらない仕事探し方

会社の人間関係に疲れたり、コミュニケーションが苦手だと、できるだけ「人と関わらない仕事」に就きたいと思いますよね。

私も以前は、従業員が多い会社で働き、人間関係で精神的に追い込まれ退職した経験がありますが

だからといって、いきなり未経験なままフリーランスになるのは不安だったので、まずは人との関わりが少ない会社に転職し、徐々にステップアップしていきました。

そこでこの記事では、できるだけ人と関わらない仕事の探し方を解説します。

人と関わらず仕事をしようと思うと、選べる職種は一気にせまくなりますが、少しでも選択肢を広げるには、視野を広げて「働き方」から考えてみることです。

人と関わらない職種の勘違い

仕事選び失敗

人と関わらない職種といえば、工場のライン作業や事務職などひとりで黙々と作業する仕事を想像しますが

私が事務職やバイトでの工場ラインを経験して感じたことは、外との関わりがない分、社内での関わりが強くなり人間関係は濃くなりがちでした。

同じ場所で作業し、昼休みなど休憩時間もみな同じで、逃げ場がありません。

特に女性同士は集団行動が好きなので、グループになることで派閥もできやすくなってしまいます。

では、できるだけ人と関わらず正社員で働くにはどうすればいいのか?

人と関わらない働き方

人とできるだけ関わらず働くといっても、「どういう関わり方を避けたいのか?」によっても選び方は変わってきます。

自分のやりたい職種も選びつつ、働き方を変えてみる方法を紹介します。

在宅勤務(リモートワーク)

社内の人と毎日接するのが苦手な人は、適度な距離感を保てる「在宅勤務」があります。

在宅勤務にも「完全在宅」から「週3日のみ」などさまざまです。

在宅勤務の職種には、エンジニア系からデザイナー、ライター、webディレクター、データー入力などの事務系などがありますが

今は大手の会社も在宅勤務を取り入れるようになりつつあるとはいえ、まだ求人数が少ないのが現状です。

少しでも多く求人情報を知るには、転職サイトを利用することですが、

その中でも「リクナビネクスト」は、転職者8割が利用しているだけあって、他にはない求人が多いです。

利用方法は、リクナビ内で「在宅勤務」で検索してみるのもいいですが、検索してもでてこない非公開求人もあります。

非公開求人を見つけるには、希望の条件を登録するだけで企業からメールが届く「オファーサービス」を利用することです。

表にでてこない求人情報が届くこともあります。

つまり、求人検索してもでてこなかった情報が、メール設定しておくことで出会える可能性が高くなるということです。

在宅勤務の求人を探す

利用方法を詳しく知りたい方はこちらの記事へ⇒転職サイト「リクナビnext」のメリット、デメリットから利用方法まで

転職サイトリクナビnext
転職サイト「リクナビネクスト」のメリット、デメリットから利用方法まで転職サイト「リクナビnext」の利用方法を紹介しています。どうせ登録するなら効率良く転職し、表には出ていない非公開求人、限定求人に出会えるためにもサービスを上手く利用しましょう。また転職に失敗した体験談も合わせて紹介しています。...

オープニングメンバー

社内の人とできるだけ関わりたくないといっても、それはすでに出来上がっている人間関係の中に入るのが苦手な場合だと

全員スタートが同じ「オープニングメンバー」「スターティングメンバー」から全く新しくスタートをする選択肢もあります。

こちらも転職サイト内の求人検索から「オープニングメンバー」「スターティングメンバー」で探してみましょう。

キャリアアドバイザーに相談する

自分の知識だけで考えていると選択肢は狭くなりますが、おもいきってプロに相談する方法があります。

相談することで選択肢が広がるので、一番手っ取り早いです。

自分の知っている知識だけで考えると選択肢も狭くなりますが、プロのアドバイザーに相談することで、新しい選択肢が増える可能性が高くなります。

エージェントは企業に詳しいので例えば「○○会社なら一人で作業するスペースも確保され、フレックスタイム制で出勤時間も自分に決められるので、自由度が高いですよ」

といった提案があるかもしれません。

また、人と関わりたくないというのは、ひとりで仕事を完結できるような「個人プレイヤー」の職種がいいのかなど

キャリアアドバイザーと話しているうちに、自分が希望していることが明確にもなってきます。

残業がなかったり、自由度が高い会社は、人間関係も平穏だったりします。

そういった情報を知ることができるのもエージェントを利用するメリットです。

大手エージェントといえば「リクルートエージェント」があります。

キャリアアドバイザーに相談してみる

でも、私にはそんなたいした実績がないからな・・と思っても大丈夫です。詳しくはこちら⇒転職サイトとはどう違うの?「リクルートエージェント」の利用方法

転職エージェント
転職サイトとはどう違うの?「リクルートエージェント」の利用方法転職サイトと転職エージェントの違いは、プロのアドバイスや相談が直接できるかどうかです。求人検索だけでなく、転職ノウハウや適職を知りたい方はエージェントがおすすめです。でも自分にはたいした実績もないし・・と思う人ほど利用してみる価値があるかもしれません。...

人と関わらない仕事を選んだ失敗体験談

仕事選びの失敗

私が会社の人間関係に疲れて退職し、次はできるだけ人と関わらない仕事に就きたいと思い、再就職先を決めましたが

誰にも相談しなかったことで、選択肢が少なく、結果的に遠回りしてしまいました。

その時は、少しでも相談できたらとハローワークに行ったのですが「そんな仕事あるわけないでしょ」と言われるかもしれない

と勝手な思い込みで、上手く相談できず結局「小さな会社を希望します。」と伝えただけでした。

今考えると、心に余裕もなかったせいかすごく単純な考えだったと思います。詳しくは職場に女性社員一人だけの会社は気楽なのか?孤独なのか?【体験談】

男性ばかりの職場に女性一人
職場に女性社員一人だけの会社は気楽なのか?孤独なのか?【体験談】男性ばかりの職場に女性一人だけは、女性同士の面倒な人間関係もなく気楽なのか?それとも孤独で寂しいものなのか?セクハラは大丈夫?飲み会はどうしてる?といった実際私が働いた体験からメリット、デメリットを紹介します。...

小さな会社は、人間関係に疲れることはないけど、楽しいこともなく刺激のない毎日でした。

このままではいけないと思い、そこから自分のほんとうにやりたい仕事を考え直し、目的をもって仕事をするきっかけにはなりましたが

できるだけ選択肢を広げるためには、相談することが大切だったと痛感しました。

本当に人と関わらず働き続けることはできるのか

人間関係で苦しい経験をしたり、コミュニケーションが苦手だと、できるだけ人と関わりたくないと思ってしまいますよね。

でも、仕事をしないと生きていけない

だったらできるだけ人と関わらない仕事を選びたい・・と、思いながらも「ほんとうにそれでいいのか?」という葛藤もでてきます。

そんな時は、素直に自分の気持ちに従って、少し休んでみるのも選択肢のひとつです。

仕事を休む

今振り返れば、私が小さな会社に転職したことも、ちょうどいい心の休息になっていたと思います。

目的もなく、お金のためだけに働いていると、自分の存在意義も見だせなかったり

人間関係に振り回されたり、しなくていい我慢も増え消耗してしまいます。

これをきっかけに「私はどうありたいのか?」と、働く目的から見つめなおすのもいいかもしれません。詳しくはこちら「「やりたい仕事が分からない」のは探す順番が違ったから!失敗しない適職の見つけ方

やりたい仕事が分からない
「やりたい仕事が分からない」のは探す順番が違ったから!失敗しない適職の見つけ方やりたい仕事が分からないのは、ほとんどの人にはやりたいことがないからです。物事から考えるより「私はどうありたいか?」と目的から探し、その手段となるのが仕事です。やりたい仕事が分からない人こそ、あなたの心の中に眠っている目的を思いだすことから始め、適職を見つけることです。...

少し休むことで心に余裕が生まれ、視野も広くなっていきます。

そして覚悟ができた時は、人は強くなれます。

私の場合は人に相談せず、少ない選択肢から選んだことで遠回りしましたが

それも結局は、「覚悟」を決めるタイミングを逃してしまったことが、最大の失敗だったかもしれません。

今の職場、自分に合っていますか?
転職サイトの選び方 派遣会社の選び方