転職

「仕事よりプライベート優先」で転職しても失敗する人の特徴とは

仕事よりプライベート優先転職

仕事よりプライベートを優先するために、休日が多く、残業のない会社は理想ですよね。

最近では、大手チェーン店では働き方改革として2日間の一斉休業に踏み切ったり

お正月には、休業するお店も増え、休みの少ないサービス業ですら徐々に変わりつつあり

仕事優先が当たり前の時代から「仕事よりもプライベートを優先したい」と言いやすくなってきました。

だからといって好条件の会社へ転職できたとしても、「本当にプライベート優先にできるの?」と不安もありますよね。

有給もとりやすく、残業なしで帰れると思っていたら会社のイベントが多かったり、

また、早く帰ることで職場の居心地が悪くなり「こんなはずじゃなかった・・」と後悔することもあります。

そこでこの記事では

1.転職に失敗しやすい人の特徴

2.プライベート優先でも孤立しないコツ

3.プライベート優先にできる働き方・会社の探し方

を解説します。

私生活を重視することで、気がつけば「職場内で孤立していた・・」とならないためにも、仕事もプライベートも充実させるコツを身につけましょう。

逃げの転職は失敗しやすい

逃げる転職失敗
仕事よりプライベート優先にしたいからといって、いきなり転職して失敗することもあります。

今の会社の不満なんて「どうせ言ってもムダ」と勝手な思いこみで自分から行動しない人ほど

次の会社でも同じような問題にぶつかり、また辞めることになってしまいます。

これでは、同じことの繰り返しになってしまいますよね。

転職に失敗しないためには、まず今の会社で「改善できそうなことはないか」と考え行動し

ひとりの力ではどうしようもないと思ったときに「見切り」をつけて、次のステージへ進むことです。

会社が嫌ならとっとと逃げましょう!というのは、改善するための行動をとってからの話であって

何もしないで理想だけを追い求め、ただ嫌なことから逃げるための転職は失敗しやすいです。

何もしないまま次へ進んでしまうことで「やっぱり前の会社の方がよかったかな。。」と後悔することにもなります。

これはプライベート優先のための転職だけでなく、他の理由で転職するときも同じことです。

つまり、転職に失敗しやすい人ほど、自分から行動する過程を飛ばして、さっさと次へ進んでしまう人です。

転職を考える前に、まずは今の会社で改善をこころみて、ダメだと思ったときに見切りをつけて次のステップへいきましょう!

プライベートを優先にするには人間関係が重要

職場の人間関係を築く

会社の付き合いよりプライベートを優先することで、職場で孤立することもあります。

例えば「ムダな残業はしない」「飲み会に参加しない」など

同じ行動をしても同僚から好かれる人と、嫌われてしまう人がいますが

これは、日頃からの同僚とのコミュニケーションの違いが関係してきます。

特に女性は平等を好み、みんなに合わせられない人は輪から排除しようとする心理が働きます。

詳しくは「職場で群れない女はかっこいい!同性からも好かれる自立した女性とは」へ

職場の群れない女性
職場で群れない女はかっこいい!同性からも好かれる自立した女性とは職場で群れない女性はかっこいいですよね。社内で孤立しているわけでもなく、同性からも好かれ精神的にも自立した女性なるには、群れたがる女性心理を理解しつつ、同僚を尊重できる人になることそして「どう思われるか」より「私はこういう人になりたい」と決めてしまうことです。...

簡単にまとめると、相手を認め、公平に接して、1対1の人間関係を築くことを意識することです。

人から信頼されるのって難しそうに思うかもしれませんが

例えば、忙しそうな同僚に声をかけるなど、ほんのささいなことの積み重ねです。

それでも周りから残業しないことや飲み会に参加しないことで批判されたり、居心地が悪くなった時には

見切りをつけてから転職も視野に入れていくことです。

「プライベート優先=やる気がない人」と判断されないためにも、仕事を効率よくこなし、同僚との人間関係も築く努力もすることです。

プライベート優先にできる働き方

仕事よりプライベート優先

ではさいごに、プライベート優先にできる会社の探し方を紹介します。

1.短い時間で高時給の「派遣」で働く

プライベート優先のため働く時間を短くしたい!でもお給料はしっかり確保したい人は、時給の高い派遣で働く方法があります。

でも派遣社員って経験豊富な人でないといけないのでは?と不安な人は、検索窓に「未経験」と入力し探してみましょう。

派遣会社の中でも一般事務から営業、販売、軽作業など職種も多い大手派遣会社ならはたらこねっと~日本最大級の派遣情報サイト~

「はたらこねっと」詳細ページへ

IT関係の派遣なら「「パーソルテクノロジースタッフ」があります。

「IT・Web派遣」詳細ページへ

※派遣会社は交通費がでない会社も多いですが、「パーソルテクノロジースタッフ」は2019年4月からは全額交通費支給になりました。

2.検索機能をフル活用して転職サイトで探す

転職サイト内の検索機能をフル活用して、プライベート優先にできる会社を探す方法があります。

例えば、リクナビネクストのキーワードから探すのところに「残業なし」「フレックス制」「在宅勤務」「リモートワーク」など入力し求人を探していきます。

リクナビネクスト検索

「リクナビネクスト」では、オファー登録することで、検索してもでてこない非公開求人に出会えることもあります。

「リクナビネクスト」詳細ページへ

※自分の強みが分かる「自己分析」も無料でできます。

転職サイトリクナビnext
転職サイト「リクナビネクスト」のメリット、デメリットから利用方法まで転職サイト「リクナビnext」の利用方法を紹介しています。どうせ登録するなら効率良く転職し、表には出ていない非公開求人、限定求人に出会えるためにもサービスを上手く利用しましょう。また転職に失敗した体験談も合わせて紹介しています。...

3.転職エージェントに相談する

自分の希望する条件の会社を探すには、プロのキャリアアドバイザーに相談することです。

転職サイトは、自分で仕事を探しますが、エージェントは面談のため来社しないといけません。

でも、入社前に会社情報を詳しく知ることができるという大きなメリットがあります。

たくさんあるエージェントの中でも大手リクルートなら求人数も多いです。

「リクルートエージェント」詳細ページへ

転職エージェント
転職サイトとはどう違うの?「リクルートエージェント」の利用方法転職サイトと転職エージェントの違いは、プロのアドバイスや相談が直接できるかどうかです。求人検索だけでなく、転職ノウハウや適職を知りたい方はエージェントがおすすめです。でも自分にはたいした実績もないし・・と思う人ほど利用してみる価値があるかもしれません。...

まとめ

仕事よりプライベート優先にしたいからといきなり転職するのではなく

まずは、今の職場で改善できることに取り組み、それでも変わらないと思ったときは見切りをつけて転職または派遣などの働き方に変えていき

見切りをつけることによって後悔することなく、新しい仕事もプライベートも充実した毎日へと変えていきましょう。

今の職場、自分に合っていますか?
転職サイトの選び方 派遣会社の選び方