退職を引き止められ残っても、結局居づらくなって辞めてしまうだけだった

退職引き止め残った体験談

「会社を辞めたい」と伝えると、引き止めようとする上司もいます。

親身になって話を聞いてもらえたら、心が揺いでしまうこともありますよね。

でも「もう一度今の会社で頑張ってみよう」と思い、残ったところで

だんだんと居心地も悪くなり、最後はイヤな思いをして退職することもあります。

私も退職を引き止められ残ったことがありますが

正直言って、引き止められた時は悪い気はしませんでした・・

誰でも必要とされるのは嬉しいものです。

でも、退職を引き止められ嬉しい気持ちは”一時的”なもの

「自分に合わない会社は苦痛」という根本的な問題は変わりませんでした。

そこでこの記事では

  • 上司が退職を引き止める本当の理由
  • 引き止められず退職を伝える方法

を紹介します。

「やっぱりあの時、辞めればよかった・・」と

会社に残ったことを後悔しないためにも参考にしてください。

目次

上司が退職を引き止める本当の理由

上司が退職引き止める理由

上司が退職を引き止める理由には、上司自身の評価に関係する場合もあります。

もちろん「あなたの力が必要で、辞められたら困る。」ということもありますが

上司にとって、部下を管理することも大切な仕事です。

また、新入社員を雇い育てるにも「お金」と「時間」もかかります。

求人広告の費用、面接する時間、イチから仕事を教えるなどのコストを考えると、引き止めるのは当然です。

退職を伝えると居づらくなる理由

退職を伝えたことで居心地悪くなるのは、上司や同僚から「信頼を失う」こともあるからです。

上司は、あなたの不満や不安なことを聞き出し、

なんとか改善しようと色々な提案をしてくれるかもしれません。

また上司によっては、あなたに気を使い無意識のうちに特別扱いのように接するかもしれません。

私の場合も、会社を辞めると伝えたことで上司から優しくされたり、怒られなくなったことで

同僚から距離をおこれたことがあります。

特に女性は、平等を好みます。

周りの同僚からすると、面白くないもの分かります。

職場や上司にもよりますが、一度でも「辞める」と言ったことで、

同僚からの信頼や期待を失い、居心地が悪くなっていく場合もあります。

引き止められず退職を伝えるには

引き止められない退職理由

上司に退職を引き止められないためには、前向きな退職理由を伝えることです。

もうすでに会社を辞めたいと伝えてしまった人も、改めて前向きな退職理由を伝えてみましょう。

例えば「今とは違う職種にチャレンジしたい」「資格をとりながら実績を作りたい」など

「不満を理由」に辞めたいと伝えてしまうと、上司は引き止めようと説得します。

たとえ今の会社が嫌で辞めるにしても、不満は伝えず「前向きな理由」で退職したいことを伝えましょう。

さらに「今の会社には感謝しています。」と伝えることで、退職する日まで気まずくならずにすみます。

退職を引き止められ揺らいでしまう人へ

退職引き止められ迷う

「今度こそ退職する!」と思ったところで、人は「現状維持する力が強い」ので気持ちが揺らぐこともあります。

新しい会社で新しい仕事、新しい人間関係・・と考えると不安にもなりますよね。

「やっぱり今のままでいいか・・」

「仕事なんてお金のためと割り切ったほうがラクかも・・」

と考えてしまったり

退職したい気持ちが揺らぐのは、けしてあなたの意思が弱いだけではありません。

人は変化を嫌う生き物だから仕方ないことです。

人には現状維持する力が強いんだ・・と自覚しつつ

「もう今の会社は辞めて、次のステップに進む!」と「覚悟」することです。

覚悟をすると、人は強くなれます。

1年後も3年後も今のままでいいですか?

覚悟できた時に、改めて退職の意思を伝えるのも遅くありません。

迷っている間は考えることが多くて疲れますが、

覚悟さえしてしまえば、あとは目の前のことを淡々とこなしていくだけです。

以上、退職を引き止められ残っても居づらくなるだけだった。という体験談でした。では。

転職するなら自分の才能や強みを見つけてみませんか?適職に就くための【自分の才能を見つける3つの方法】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次