女性の転職

【退職代行サービス】上司に会わず出社もせず会社を辞めるのは無責任?

退職代行サービス

会社を辞めたい人の代わりの「退職します」と伝えてくれる「退職代行サービス」を知っていますか?

私は最近テレビで知ったのですが、サービス会社には退職代行「EXIT(イグジット)」や「SARABA(サラバ)」がありますが、「ニコイチ」はすでに10年以上前からある退職代行だそうです。

退職代行とは、自分で退職を伝えられない人の代わりに、会社に「退職」することを伝えてくれて、退職する本人は出社しなくていいというもの

つまり、退職代行を使えば、上司や、同僚に会うことなくあっさり退職できるということです。

でも、本人が直接言わないである日突然、会社を辞めるなんて無責任じゃない?とも思いますよね。

そこで退職代行サービスはどんな人が利用するのか?無責任にならないのか?と私なりの考えを書いてみました。

退職代行サービスはどんな人が利用するのか

退職代行利用した人

退職代行サービスは、会社を辞めたいのに辞められない人の駆け込み寺のようなものですが

では、実際利用している人はいるのか?と調べてみました。

・上司が怖くてとうとう退職代行を使った
・深夜にも対応してくれて本当に1日も出社せず会社を辞められた
・同僚、後輩が退職代行で辞めていった
・今日、人事に退職代行から電話がかかってきた
・とうとううちも退職代行利用者がでた

など実際利用している人も増えてきて、企業側も認知し始めてきているようです。

会社を辞めたいと伝えても、引きとめられ退職できない人や、パワハラ上司、職場のいじめ、退職日まで居づらいなど、精神的に追い込まれている人にとったら救われるサービスになっています。

退職代行サービスで失敗しない理由

でも退職代行サービスを使って退職に失敗することはないの?と不安にもなりますよね。

実は、退職するには会社側の承認は必要ありません。

民法では、期間の定めのない雇用契約については、解約の申し入れ後2週間で終了すること。

となっています。(会社によっては就業規則に記載あり)

つまり、会社の同意がなければ退職できないというわけではありません。

だから退職代行を使っても辞めさせてもらえず失敗したということもおこりません。

退職代行が会社に出向くわけではない

退職代行利用方法

では、実際「退職代行サービス」はどんなやりとりをしてもらえるのか?

まず退職したい会社に「○○さんが退職したいと申しでている」と電話連絡してくれるそうです。

退職する本人は「退職届け」を郵送し退職の意志を示します。

「会社を辞めさせてもらえない」「辞めると伝えるのが怖い」と悩んでいる人にとったら拍子抜けするくらい、あっさり退職できます。

会社にある荷物や引継ぎはどうするの?

退職代行の人が辞めたい会社に行くわけではないので、退職する前に準備しておく必要があります。

例えば、荷物の整理、引き継ぎはメモにしておくなど

それでも、本人しか分からないことは会社と本人の間に入って代行者が取り次いでくれるので

上司や同僚と連絡をとったり、会社にはもう二度と行かなくていいということです。

会社から電話があっても代行を通してもらうように事前に伝えておけば解決します。

健康保険、離職票などの手続きは?

退職すると保険や年金の手続きもありますが、私が今まで退職してきた会社は代行利用に関係なく退職後、郵送で終わる会社が多かったので問題ないでしょう。

健康保険証も退職日までもっているので、どちらにしても後日郵送になりますし、制服もクリーニングしてから送ればいいだけです。

ただ私の経験からですが、離職票は会社によってこちらから電話しないともらえなかったり、「取にきて」とイジワルな人事もいましたが

これも代行から連絡してもらえるので、助かりますね。

離職票がなければ、失業保険の手続きができずお金がもらえなくなるので、電話しづらくて諦めることもなくなります。

退職代行サービスを利用するのは無責任?

退職代行は無責任

退職代行サービスを利用し、会社を突然辞めることは無責任だし、残された同僚にも迷惑かけて社会人としてどうなの?

と私も初めて退職代行サービスを知った時は思いましたが

利用した人を調べているうちに、私も以前、人に会うのも怖くなるくらい追いこまれて逃げるように退職したことを思いだしました。

立ち直るまで相当時間はかかります。

代行サービスで救われる人もいるんだと思うと、利用する人すべての人が無責任とは言えないなと思いました。

退職代行を利用するまでには、それぞれの過程(事情)があったはずです。

あまりにも病みすぎてしまうとその辛い状況から逃げる努力すらしなくなっていきます。
これを「学習性無力感」といいますが

学習性無力感とは、長期にわたってストレスの回避困難な環境に置かれた人や動物は、

その状況から逃れようとする努力すら行わなくなるという現象である。
引用 ウィキペディアより

会社のモラハラ、人格否定またブラック企業での低賃金での過酷な労働など続く中、自ら進んで退職しない者が一定数居るのも「学習性無力感」の心理が働いているのではないかといわれています。

心が壊れてしまったら、仕事への意欲そのものがなくなってしまいます。

退職は「個人対会社」だと思うので、まずは心が壊れる前に逃げること

ただし、残された同僚には迷惑をかける人もいると思います。

そこは「個人対個人」だと思うので、後日お詫びや感謝を伝えたり

ツラい状況の中、気にかけてくれた人がいたとしたら、そういう優しさは大切にしたいですね。

中にはブラック企業や、イジメ体質がある「どうしようもない職場」も存在します。

これ以上、もう闘えないと追いこまれた人を救ってくれるのが「退職代行サービス」

他人に「どう思われるか?」よりも「自分はどうしたいのか?」と考えてみてはどうでしょうか。

我慢の対価がお金(お給料)ではありませんし、働くって本来楽しいものです。

ブラック企業にこそ、退職代行を認知してもらい、利用する社員が出る前に、会社の仕組みや社員教育のきかっけになればいいなとも思いました。

LINEから気軽に相談できる退職代行サービス

1.退職代行「EXIT」・・業界最大手・退職成功率100%

2.退職代行サービス「退職代行ニコイチ」・・14年以上の実績のある退職代行業者

今の職場、自分に合っていますか?
転職サイトの選び方 派遣会社の選び方