転職

占いで適職は当たるのか?仕事で行き詰ると占いにはまってしまう心理

自分に合った仕事占い

仕事が上手くいかなくなったり、会社の人間関係でトラブルがあると

「今の仕事を続けていこうか?それとも他に自分に合った仕事があるんじゃないか?」と迷うことで、占いに頼りたくなる時もありますよね。

でも、本当に占いで適職が当たるのかと、不安も抱いていませんか?

誰でも自分のことは、知りたいものです。

私も自分の適職が知りたくて、占いにはまった時期があり、無料占いだと「へぇ~」で終わってしまうのですが

口コミで当たると噂の占い師、それが「高額」ともなると神秘性まで感じ、どんどんはまってしまいます。

「ズバリ!これがあなたの運勢です!」と言い当ててほしくて、運命に任せてたくなる時もありました。

でも、心理学やコーチングに詳しくなった今となっては、黒歴史ですが・・

そこでこの記事では、「占いにはまってしまう心理」から、占いに頼らなくても「適職が分かる方法」まで解説します。

これで自分に合った仕事に就き、豊かな人生へのスタートラインに立つことができます。

適職を知りたくて占いにはまる心理

占いの診断結果は、自分にあてはめて考えるため、当たっていることにファーカスしがちです。

特に、有料だと「この占い師を選んだ私は、間違っていない」と思いたい心理も働きやすくなります。

例えば占い師から

「あなたは活発で行動力がある反面、ひとりになると不安になり、くよくよ悩んでしまう面もありますね。」

と、誰にでもある二面性を言われただけでも「私のこと分かってくれている!」と思ってしまうものです。

タロット占い診断

そして、目の前のタロットを見ながら「あなたは、半年以内に人間関係のトラブルがおこります。いつも以上に自分の言葉には注意しましょう」

と鑑定結果が出たら、おそらく忠実に守ろうとしますよね。

でも、この占い結果も人間関係のトラブルがあれば「当たっていた!」なければ「注意していたからだわ!」と思え、結局どちらにも当てはまります。

占いにはまる人ほど、当たっていることだけにフォーカスし、都合よく解釈している可能性が高いです。

占いを信じすぎると言い訳が増える

占いを信じることで、言い訳を正当化する思考回路になりやすいです。

特に正解が誰にも分からない「前世占い」は言い訳を正当化できる便利な占いです。

例えば「仕事が続かなくて、自分の適職を知りたいです・・」と悩んでいる人に

「仕事がすぐ飽きてしまったり、上手く行かないのは、前世であなたは気品のあるイギリス女王だったのです。」

前世では十分すぎるくらい贅沢な暮らしをし、もう欲しいものがない、だからビジネスというよりはスピリチュアルなことを勉強したほうが・・

と占い結果がでたとします。これで仕事が続かないことを正当化し、現実逃避もできます。

私の場合は「あなたは海外に行ったほうが活躍できるわよ」と色々な占い師に言われたことがありますが

簡単に行けないから言っているのか?と疑いながらも、仕事で上手くいかなくなると「海外に行かないからだわ」と自分の中で言い訳もできます。

特に女性は、受け身体質のため占いを信じやすい傾向にあります。

運命を味方につけ、夢や希望、安心を得たいという女性心理から、女性雑誌には必ず「占いコーナー」があります。

当たる占いもあると思いますが

占いの診断結果を都合よく信じ、言い訳の正当化にならないように、客観的にみることが大切です。

自分に合った仕事が分かる適職診断

自分に合った仕事を探すには、まだ自分の中の掘り起こされていない眠った才能に気づくことです。

誰にでも才能はあります。

本来持っている資質を理解し、それを活かしていくことで、あなたの適職、天職になっていく可能性が高くなります。

自分の才能、強みが分かるこちらの記事へ自分に合った仕事を見つける方法

自分に合った仕事を見つける
自分に合った仕事、働き方を見つける「才能、強みを知る3つの方法」自分に合った仕事を見つけるためにはまずあなたの「才能、強み」を知ることです。人には向いている仕事、向いてない仕事があります。合ってない仕事につくほど辛いことはありません。そこで自己分析診断(有料、無料)から日常から探す方法まで紹介、これで自分に合った仕事を探すことができます。...

転職サイトの「リクナビネクスト」の自己分析診断なら、無料でできます。詳細はリクナビネクスト公式ページへ

行動できる「1%」になるには

占いでも適職診断でも、あなたの資質や才能、強みを知っただけでは、現状は変わりません。

知識を得て何かしら行動する人は、おそらく1%くらいでしょう。

99%の人は、また違う知識を探し始め、行動しない理由を作ります。

つまり、いつまでも準備している人になり、どんどん差は広がっていきます。

「行動というハシゴをのぼれば、塀のむこうの自己が見える」

心理学者ベムの言葉より

行動してようやく「これが合っている」「これは違った」と分かるものです。

とはいえ、すぐに行動できないのも人間です。

それは、誰にでも自己防衛のため「不安」になるようにできているからです。

今いる場所が安全、そこから抜け出すことは危険

だから新しいことにチャレンジしようと思っても、現状維持に戻す力は非常に強いのです。

詳しくは「行動に移せない心理」が働き、会社を辞めたいと思いながらも変われないままへ

行動に移せない心理
「行動に移せない心理」が働き、会社を辞めたいと思いながらも変われないままへ「行動に移せない心理」は、自分を守るためですが、会社を辞めたいと不満を抱えながらダラダラ過ごさないためにも、行動が面倒と、現状維持しようとする力に無意識に引っ張られないことです。計画だけで終わらないためにも、行動に移せない心理とその解決策を解説します。 ...

理想の未来を想い描いて、背中を押してほしくて占いに頼ったり

自分の弱さは「前世」の影響がある、ない、なんて証明できないことで正当化しようとしたり、

誰でも不安になると、何かにすがりたくなるものですが

自分に合った仕事、適職に就き、運も引き寄せていける人は、自分と向き合い、弱点も認め、克服していこうとする力がある人です。

やりたい仕事が分からない人は、「私はどうありたいか?」と状態から考えてみましょう。

詳しくは「やりたい仕事が分からない」のは探す順番が違ったから!失敗しない適職の見つけ方

やりたい仕事が分からない
「やりたい仕事が分からない」のは探す順番が違ったから!失敗しない適職の見つけ方やりたい仕事が分からないのは、ほとんどの人にはやりたいことがないからです。物事から考えるより「私はどうありたいか?」と目的から探し、その手段となるのが仕事です。やりたい仕事が分からない人こそ、あなたの心の中に眠っている目的を思いだすことから始め、適職を見つけることです。...
今の職場、自分に合っていますか?
転職サイトの選び方 派遣会社の選び方