「やりたい仕事が分からない」のは探す順番が違うから。失敗しない適職の見つけ方

やりたい仕事分からない

やりたい仕事を見つけるのって意外と難しいものです。

その理由は、ほとんどの人には「心からやりたい仕事」が”ない”からなんです。

物事から「やりたい仕事」を見つけられる人は、ごくわずかな人だけ

それなのに“ない”ものを追い求め

いつまでたっても「やりたい仕事が分からない・・」とモヤモヤする日々

だからといって、やりたくない仕事をして

“給料日”や”週末”だけを楽しみに生きるのもつまらないもの

どうせ働くなら、少しでもやりたい仕事に近づけたいですよね。

そこでこの記事では

  1. やりたい仕事が分からない「根本原因」
  2. 適職を見つける「正しい手順」

を解説します。

「とりあえず何でも挑戦してみよう!」といった、ただの根性論ではありません。

まずは、自分自身のことを知ることです。

そんなの「知ってる」と思うかもしれませんが

「95%の人は自己認識ができていると思っているが、実際には10%~15%の人しか正しい自己認識をしていない」

アメリカの心理学者ターシャ・ユーリック氏

という研究結果もでています。

意識して自分のことを知るのは、仕事だけでなく「生き方」にも影響してきます。

自分理解で苦手な仕事から解放され、好きな仕事に就くことで、人生の質も上がっていきます。

目次

やりたい仕事が分からない根本原因

やりたい仕事が分からないのは、「目的」もなく、いきなり「手段」から探すからです。

旅行で例えると

行先(目的地)も決めてないのに

「車で行くか?」

「飛行機で行くか?」

「どのルートが最短か?」

と、悩んでいるようなもの

目的地も決まってないのに行く方法(手段)だけ考えても、答えが出ないのは当然ですよね。

働く目的とは「あなたがどうありたいか(どうなりたいか)」を明確にすることです。

その目的のための手段のひとつに「仕事」があります。

つまり、仕事とは「手段」でしかないということです。

  1. 働く(仕事の)目的・・どうありたいか
  2. 手段・・仕事内容

例えば、きれいになって喜んでほしいから(目的)、美容師(手段)になった。

健康な人を増やしたい(目的)から、スポーツトレーナー(手段)になった。

でも、働く目的といってもそこまで仕事に対して意識も高くないし・・と思うかもしれません。

が、目的さえ明確になっていれば、選択への迷いや不安もなくなり、ブレることもなくなります。

では「働く目的」をどうやって探していけばいいのか?

自分の価値観を知る

働く目的を明確にするにはまず、「自分の価値観」を知ることです。

価値観とは

  • 自分らしさを表すもの
  • 大事にしていること
  • 行動基準となるものなど

人が生き生きしている時は、価値観が尊重されている時です。

価値観の見つけ方

改めて自分の価値観を明確にするには、自分に質問を繰り返してみることです。

これをセルフコーチングといいます。

例えば

  • あなたにとって仕事で大事なことはなんですか?
  • 仕事がどうなると満足しますか?
  • 何を一番避けたいですか?
  • 許せないと感じることは何ですか?

など、自分に質問をすること(セルフコーチング)で、普段からなんとなく考えていたことを、言語化して整理していきます。

質問内容はいろいろありますが、究極の質問をひとつ紹介します。

価値観を知る「究極の質問」

イメージしてください。

あなたの人生最後の日、「どんな人」に「どんな言葉」をかけられたいですか?

この言葉をもらえた時こそ、あなたは心から満足できます。

価値観はけしてひとつではありません。

価値観の種類や数、組み合わせで「自分らしさ」が作られています。

自分の価値観に合わせて、仕事内容をしぼっていきましょう。

ちなみに私の場合は

価値観(大事にしていること)は「自分で考えること」

興味があることは「心に関すること」

働く目的は「人を笑顔にすること」

だから今は、フリーランスとして(自分で考えながら)web制作のほか

こうして心理学や自己啓発を勉強し、ブログなどを通して情報発信の仕事もしています。

自分の価値観を知り、働く目的を明確にして、それを叶える手段として仕事内容を選ぶことです。

働く目的が「ある人」と「ない人」の違い

同じ会社で同じ仕事をしていても、働く目的が「ある人」と「ない人」では見ている世界が違います。

例えば「人に喜んでもらうこと」という目的がある人なら

「どうすればもっとお客さんに喜ばれるだろう」

と、目的をベースに仕事に取り組むことができます。

反対に、目的もなく働いている人は

ゴールがないため、どこに意識を向ければいいか分かりません。

人によっては、同僚の行動、言動ばかり目につく人もいます。

例えば、同じ給料なのに「なんで私のほうがしんどい仕事なの?」

たいした手当もつかないのに「また残業だ・・」など

「なんで私ばっかり・・」と

我慢の積み重ねで、被害者意識も強くなるかもしれません。

そして、だんだんと「自分らしさ」を見失っていきます。

目的をベースに働く方が、充実した毎日が送れますよね。

毎日充実しているってことは、人生の質も上がってきます。

そのためにも、働く目的を明確にしましょう。

やりたい仕事の見つけ方「まとめ」

仕事は「手段」でしかありません。

だから仕事内容から絞っていくと、やりたい仕事がよけいに分からなくなります。

そのためにまず、自分の価値観(大事にしていることなど)を知り、「働く目的」を明確にしていきましょう。

働く目的に合わせて、仕事内容をしぼっていくことです。

適職を探す手順
  1. 自分の「価値観」を知る
  2. 価値観に合わせて「働く目的」を明確にする
  3. 目的に合わせて「仕事内容」を絞っていく

人生が旅だとするなら

一番行きたいと思う「目的地(どうありたいか)」を決め、そこにたどり着く手段のために「仕事内容を選ぶ」ということです。

自己分析が苦手な人へ

自己分析が苦手な人は「コーチング」という手法もあります。

コーチングとは、コーチからのいろいろな質問に答えていくことで、答えを導き出す手法のことです。

コーチは話を聞くプロです。

いろいろな角度からの質問によって、あなたの中に眠っていた想いや本音に気づくこともあります。

私もコーチングを受けたことがきっかけで

今はフリーランスとして好きなことを仕事にしています。

くわしくは【コーチングを受けた体験談】転職をくり返す原因と適職が分かり収入3倍へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次