女性同士の人間関係

女性同士の会話がつまらない、疲れる原因は脳の違いだった【女の職場】

女性同士の会話つまらない原因

職場での女性同士の会話がつまらなくて、疲れてしまうこともありますよね。

・長い話を聞いているのがつらい
・愚痴、噂話ばかり
・自分の話ばかりする女性など

人間関係が悪くならないように、とりあえず聞いてはいるけど、正直うんざりする時も・・

実は、女性同士の会話に疲れる人は「男性脳」なのかもしれません。

女性の10%は「男性脳」
男性の15%が「女性脳」

といわれています。

そこでこの記事では、女性脳と男性脳による「会話の違い」から「チェック方法」まで解説します。

これで女性同士の会話に疲れてしまう理由が理解でき、どう対応していいかも分かってきます。

女性同士の会話に疲れる原因とは

職場での女性同士の会話がつまらないのは気が合う、合わないもありますが、男性と女性では、脳の働きに違いがあります。

そのため男性脳の女性は、会話についていけず脳が疲れてきます。

まず、女性の特徴から解説すると

女性は
・共感性が強い
・共有したい
・感情を分かち合いたい
・察してほしい

と思っています。

例えば、インスタで新しいお店をアップし(情報共有)コメント、いいねをもらう(共感を得る)ことで心が満たされ、安定する

デートの時のよくある会話で例えたら

彼氏「何食べたい?」
彼女「なんでもいいよ!」

と言いながらも「私の好みは知ってるよね、だから察してね!」という言葉も入っています。

でも、男性は倫理的なので、言われた通りに忠実にこなそうとするため

「言われなきゃわかんないよ!」と、すれ違いがはじまります。

では、職場でよくある女性同士の会話に疲れる場面と、その理由を具体的に解説していきます。

これを知ることで女性同士の会話が苦手、疲れてしまう原因が理解できます。

女性は話が長い

女性は結論に納得してもらうためには、プロセスも重要だと思っているため話が長くなります。

女性は、左脳と右脳の連結がいいので両方使って会話をするため、感情をもとに話題が広がっていき、プロセスを話しながら結論をまとめていきます。

でも、男性は考える時は右脳、話す時は左脳と別々に働くため

結論から知りたい、必要なことだけ聞きたいと思っているので、長い話を聞いていると疲れてきます。

また、女性は自己開示(打ち明け話)が好きで、自己関連(自分と関係あるかのように結びつける考え方)をします。

例えば、あなたが彼氏とのケンカをした話をしています。

それを聞いていた女友達は、自分の経験に関連付け、自分の話へもっていきます。

話があっちこっちに飛びながらも会話が続くのは、女性はイメージし、言葉にしていない言葉をくみとりながら、それぞれの脳で言語化できるため、会話が成立します。

でも男性は、結論のない会話についていけず、疲れてしまいます。

女性同士は噂話が多い

女性が噂話が好きなのは、イメージする力があり、拡大思考ができるからです。

女性は、今目の前に起こったことを、現在だけでなく過去未来にリンクさせどんどんイメージを膨らませることができますが

その反対に、男性は今目の前で起こっていることしか見えてません。

だから、男女が言い合いになった時

女性は「あの時だってあぁだった」と昔の話を持ちだしたり、「どうせまた同じことするんでしょ」と未来のことも考えますが

男性にとったら「今関係ないだろ!」となるわけです。

女性は集団行動が好き

女性は人とのつながりを、大切にします。

集団が好きなのは、帰属欲求といって仲間に愛されたい気持ちが強く、組織や集団に受け入れられることで、心が安定します。

認められる安心感からますます周囲に同調し、集団行動(グループ化)になっていきます。

その理由は、昔にさかのぼり原始時代、男性は狩りに出掛け獲物をとる、留守番している女性は集落でコミュニティを作り、平和に暮らすために情報を共有し分け合うことで

人々のつながりを維持しようとしていました。

つまり、生きていくために男性は狩りにいき、女性は集団の中にいることが大切だと思っています。

だから、輪の中に入ってこない、集団を大切にしない女性がいると違和感を感じます。

例えば「仕事を頑張っても、給料なんて同じなんだから」と共有しあっている集団(グループ)がいたとします。

そこに「仕事をもっと効率化していきましょう!」と、はりきる人が入ってくることで、その人は異物となり仲間はずれ、嫌がらせへにつながることにも

これは、他にもいろいろな心理も混ざり合っていますが、自分たちの集団を守ろうとしている女性心理からくる行動です。(それが良い悪いは別にして)

そこから派閥ができ、女性同士の人間関係が複雑になっていくこともあります。

詳しくは女性同士の派閥に巻き込まれず、有利な立場になるには

職場の女性同士の派閥対処法
【女の職場】派閥を作りたがる女に巻き込まれず、有利な立場になるには職場での女性同士の派閥やグループを作るたがる面倒な女性っていますよね。人の悪口や批判で味方(仲間)で固めたがる人、派閥の板挟みにも孤立もせず、中立的な立場でいられるには、まず女性の心理を知り対処することです。これであなたは職場内で有利な立場でいられます。...

では、どうして私も同じ女性なのに、会話がつまらなく疲れたり、めんどうくさいと思ってしまうのか?

それは10%の女性は、男性脳をもっているからです。

逆に男性の15%が、女性脳をもっているといわれています。

つまり、全ての女性が女性脳とは限らないからです。

女性の特徴をみて、当てはまることもあれば、当てはまらないこともあるから「私は一体どっちなのだろう?」と、疑問に思うかもしれませんが

女性脳、男性脳だからといって全てがあてはまるわけでもありません。

どちらの傾向が強いかということです。

男性脳か女性脳かチェック方法

あなたが男性脳か女性脳かをチェックできる簡単な方法を紹介します。

目の前に右手をだして下さい。

薬指のほうが人差し指より長い場合は男性脳です。

人差し指のほうが薬指より長い、もしくはほぼ同じ場合は女性脳です。

引用元 男女脳戦略。――男にはデータを、女にはイメージを売れより

この本「男女脳戦略」は、男性脳女性脳の違いが分かれば、販売、営業、社内評価などすべてのビジネスでの成果が手に入るをテーマにした本のため

自分がどちらのタイプかを知るよりも、相手がどちらのタイプが知るほうが重要と書かれています。

そのため「男女脳戦略」の本には、指の長さ以外の見分け方について詳しく解説されているので上司、同僚、後輩との接し方などのコミュニケーションにも役に立ちます。

例えば、男性脳の上司への報連相を結論から話す、女性脳の後輩には結果だけでなくプロセスから褒めるなど

男性脳か女性脳かを知ることで、伝え方を変えることもできます。

女性同士の会話がつまらないを解決するには?

女性同士の会話

友達は選べても、同僚を選ぶことはできないので、話を聞くのも仕事のうちと、割り切るしかありません。

「なぜ女性同士の会話はつまらないのか?」と、疑問があるままだと精神的にも疲れてしまいますが

脳の働きが違うと分かったことで、女性同士の会話も客観的に聞けるようになっていきます。

それでも、女性同士の付き合いは苦手だなと思う人は、できるだけ職場内では「群れないキャラ」になる方法もあります。

詳しくは職場で群れない女はかっこいい!同性からも好かれる自立した女性とは

職場の群れない女性
職場で群れない女はかっこいい!同性からも好かれる自立した女性とは職場で群れない女性はかっこいいですよね。社内で孤立しているわけでもなく、同性からも好かれ精神的にも自立した女性なるには、群れたがる女性心理を理解しつつ、同僚を尊重できる人になることそして「どう思われるか」より「私はこういう人になりたい」と決めてしまうことです。...

私も男性脳の傾向が強いので、根拠のない女性の噂話にも脳がついていかず、疲れてきます。

だからといって、避けるわけにはいかないので、女性心理を理解して「相手の気持ちも尊重する」ことで、面倒なもめごとは回避できますが

最初から女性が少ない職場、またはひとりで仕事が完結したりと、自由度の高い職場で働くことで、ストレスから一気に解放されていきます。自分に合った仕事、働き方を見つける方法

迷った時は、自分に嘘をつかない選択が大切です。

今の職場、自分に合っていますか?
転職サイトの選び方 派遣会社の選び方