上司・先輩との人間関係

「上司に認められない」と感じる人ほどやってほしい!具体的な行動とは

上司に認められない

上司に認めてもらえないと「私の努力はムダなの?」と仕事へのヤル気もなくなり、

私より努力していない同僚が認められたり、かわいがられていると、納得いかない場合だってありますよね。

でも「仕事って上司に認められるためにやっているの?」と考えることで、意識が変わり、行動が変わり始めます。

ずっと認めてもらえない上司に支配されたままだと、モチベーションが下がるだけでなく、虚しくもなってきます。

そこでこの記事では

1.上司に認められないと感じる心理

2.頑張りすぎることが逆効果になっている

3.上司に認められる具体的な解決策

を解説します。

まずは自分と向き合い、次に上司を見ることで、認められないと感じる辛い毎日から解放され、心が軽くなっていきます。

上司に認めてもらえないと感じる心理

人は誰でも他人に認めてほしいものです。
特に仕事を頑張った時は、上司や同僚に認めてほしいものですよね。

でも他人に認めてもらうことに期待しすぎると、いつまでも満たされないままです。

そして、「認めてくれない上司」と普段から思っているため、認めてもらえない情報ばかりを集めてしまいます。

これを「確証バイアス」といいます。

仮説や信念を検証する際に、それを支持する情報ばかりを集め、反証する情報を無視または集めようとしない傾向のこと

引用元「ウィキペディア」より

認めてもらえなかったことばかりに意識がいき「やっぱりあの上司は私を認めてくれない」と自分の考えは間違っていないと、さらに思い込んでしまいます。

・他人に期待しすぎると心は満たされないまま

・上司に認められない情報ばかり集めている

今の仕事は誰のためですか?

明らかに上司から認められないと感じる場合は、「問題をするかえてないか?」と自分を疑ってみることです。

アドラー心理学について書いている「嫌われる勇気」からの引用になりますが

話がまったく通じない上司がいて、事あるごとに怒鳴りつけてくる
どんなに頑張っても認めてくれず、話さえまともに聞いてくれない
(中略)
しかし、その上司から認めてもらうことは、あなたが最優先で考えるべき「仕事」なのでしょうか?
仕事とは、社内の人間から気に入られることはないはずです。

引用元嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教えより

「私の仕事が上手くいかないのは、私のことを認めてくれない上司のせいだ!」

「この上司さえいなければ、私はもっと仕事ができる。」

できない自分を認めたくないから「認めてくれない上司」を作り上げている

という内容の話ですが、具体的な対策として

「これは誰の課題なのか?」と考えましょう。と「嫌われる勇気」には書かれています。

つまり「認める」「認めない」は上司の課題であって、あなたの課題ではないということです。

あなたが今の会社で働いているのは、会社から認められて入社したからですよね。

それなのに、たったひとりの上司のためにあなたの人生を決められていいですか?

それでも「こんなに頑張っているのに!」と思ってしまう人は、その中に「我慢」する感情が混ざっていませんか?

「我慢」はただの感情であって、行動ではありません。

我慢することと、行動することは別だと考えてみて下さい。

・「認める」「認めない」は上司の課題であって、あなたの課題ではない

・「我慢」と「行動」は別に考えること

仕事を頑張りすぎることで逆効果になっている

上司に認めてほしくて、仕事を頑張りすぎることが逆効果になっている場合もあります。

上司にとったら、仕事で成果をだすあなたが「脅かす存在」になっているかもしれません。

あなただけ厳しく怒られたり、無視されるようになった時は、仕事ができるあなたを排除しようとしている可能性もあります。

仕事ができる部下は、上司にとったら脅かす存在となり、認めたくない心理が隠れている場合もある。

上司に認めてもらうための行動

上司から認められないと感じる心理は分かったけど、では実際上司の評価が昇進や昇給に関わってくる場合はどうすればいいのか?

上司といっても人間です。

好き嫌いの感情や、気が合う合わない波長の問題もありますが、それをクリアするには

「コミュニケーション」をとることです。

媚びを売って好かれましょう!というのではなく、上司のことを知ろうとするだけで自然とコミュニケーションがとれます。

・上司は何を大切にしている人なのか
・上司が部下に求めていることは

上司がどんな考えを持っている人なのか?を知ることがコミュニケーションにつながります。

上司が大切にしていること(価値観)を、あなたも大切にすることで信頼関係ができてきます。

人は、苦手な人や嫌いな人を避けるようになると、接触することがもっと億劫になってきます。

上司の考え全て理解する必要はなく、こういう考えもあるんだなと知ることです。

そうすると上司を尊重でき、上司の自尊心も満たすことができます。

例えば、上司に報告する時も「○○課長のアドバイスのおかげで、上手くいきました」と具体的な事実と感謝を伝えることです。

そういった上司とのコミュニケーションが評価につながる理由には、ハロー効果も関係してきます。

ハロー効果とは、ある対象を評価をする時に、それが持つ顕著な特徴に引きずられて、他の特徴についての評価が歪められる(認知バイアス)現象のこと。

例えば、外見のいい人が信頼できると感じてしまうことが挙げられる。

ハロー効果は、良い印象から肯定的な方向にも、悪い印象から否定的な方向にも動く

Wikipedia「ハロー効果」より引用

化粧品のCMに有名な女優さんが出ていると、化粧品自体を高評価しやすい心理のことです。

会社で何を考えているかよく分からない無愛想な部下より、愛想よく話しかけてくる部下の方が、評価が高くなりやすいということです。

でも、上司は正当に仕事の能力だけで判断しているつもりでいます。

無意識のうちに、良い評価をしている。というのがハロー効果です。

上司から評価されるまでは時間はかかりますが、上司との人間関係を築いていくのも仕事のうちと割り切ってしまいましょう。

・上司とコミュニケーションをとり価値観を知る

・上司と人間関係を築くのも仕事のうちと割り切る

そこまでして認めてほしいと思わない場合は、今の仕事が本当にやりたい仕事なのか?と考えてみてはどうでしょうか?

自分に合った仕事を探すにはこちらの記事へ「才能、強みを見つける方法」

自分に合った仕事を見つける
自分に合った仕事、働き方を見つける「才能、強みを知る3つの方法」自分に合った仕事を見つけるためにはまずあなたの「才能、強み」を知ることです。人には向いている仕事、向いてない仕事があります。合ってない仕事につくほど辛いことはありません。そこで自己分析診断(有料、無料)から日常から探す方法まで紹介、これで自分に合った仕事を探すことができます。...

仕事への意識が変わることで、行動が変わり、周りも変わり始めます。

他人を変えようとするのは自分が消耗するだけですが、自分の中身を変えることで今見ている世界も変わります。

上司から嫌われている、目の敵にされているかも?と感じる方はこちらの記事を参考に「上司から目の敵にされる部下の特徴と攻撃してくる上司の心理へ」

上司から目の敵
上司から目の敵にされる部下の特徴と攻撃してくる上司の心理とは会社の上司から目の敵にされて怒られてばかりだと自信もなくなっていきますよね。上司から目の敵にされやすい部下の特徴から攻撃してくる上司の心理、あなたの心が軽くなる方法を紹介。これで怒られてばかりのつらい毎日から、上司との関係を改善し自信がもてる自分へと変わっていきます。...
今の職場、自分に合っていますか?
転職サイトの選び方 派遣会社の選び方