同僚との人間関係

愚痴、悪口が多い職場にうんざりな毎日を変えたい人が今やるべきこと

愚痴が多い職場

愚痴や悪口が多い職場にうんざりする毎日、悪い言葉ばかり聞いている環境はけして良いものではありません。

愚痴や悪口ばかり言う人はどこにでもいますが、職場全体がネガティブな人ばかりだと、うんざりするのは当然です。

でも、みんなと同じように話を合わせないと、孤立してしまうのではと不安になり

このまま自分を押し殺しながら今の会社を続けるべきが、辞めるべきかと悩むところですよね。

そこでこの記事では

1.愚痴や悪口の多い会社の特徴

2.愚痴や悪口の対処方法

3.いずれ職場を変えたいなら、今の会社でやっておくべきこと

を解説します。

私も愚痴や悪口だらけの職場を経験したことありますが、結論からいってしまうと

自分もネガティブ思考に流され、私生活でも悪いことばかりに目がいくようになり、環境は大切だと痛感しました。

でも今の会社を辞めたらもっと条件悪くなるのかな・・と再就職が心配にもなりますが

今すぐ転職はできなくても、いつでも抜け出せる準備をしておくことで、心に余裕が出てきます。

愚痴悪口が多い職場の特徴

愚痴や悪口が多い職場の特徴は、条件、待遇が悪いことです。

残業が多い、有給休暇が自由にとれない、それなのに給料は安い、そのため仕事へに意識も低いなど

いわゆるブラック企業といわれるような会社では、社員の不満も大きくなり「被害者意識」も強くなってきます。

我慢することが当たり前になってくると、それを他の人にも強要するようになっていきます。

愚痴悪口が多い人の特徴

条件や待遇の悪い会社で不満がでるのは、当然の環境かもしれません。

さらに、コミュニケーション能力が低い人は、人の悪口や愚痴で仲間を作ろうとする人もいます。

また相手の価値観が受け入れられない人は、誰かを攻撃することで、優位に立ち自分を守ろうとします。

愚痴や悪口だけでなく、イジメまである場合はイジメられるターゲットが変わるだけで、イジメ体質は変わらないままになりがちです。

愚痴悪口が多い職場まとめ

・条件待遇が悪い
・コミュニケーション能力が低い
・仕事への意識も低い

職場での愚痴悪口の対処方法

愚痴や悪口が多い同僚たちの対処方法は、距離を置くことです。

とはいえ、それが簡単にできないからうんざりしますよね。

無視したり避けられるのであればラクですが、孤立すれば仕事もしづらくなってきます。

そこで、同僚の愚痴や悪口がはじまった時は、共感や否定をしないことです。

例えば、同僚が「Aさんが今日もミスして余計な仕事が増えたわ!最悪!」と言ったとします。

「またAさんのせいで、最悪だね」といえば、あなたも同じになってしまいます。

「でもAさんも、良いところもあるわよ」といえば、話し相手を否定したことになり、後々面倒です。

これは「Aさんの話(悪口)」ではなく、「仕事が増えて大変だった」という話として聞きます。

職場の愚痴悪口対処方法

だからあなたは「仕事が増えて大変でしたね」と言って終わりです。

けしてAさんの話(悪口)として「反応」しないで、同僚が大変だった話として「対応」することです。

これで、一緒に悪口を言ったことにならず、相手の心の傷を癒すこともできます。

でも、その愚痴を聞くのもうんざりして疲れないようにするには

相手の感情に入りすぎて、自分を見失わないこと

つまり、他人の問題を、自分事にしないことです。

「人を嫌いになる心理」を知ることで同僚のことを客観的にみることができ、精神的な疲れは軽減できます。(参考記事⇒会社に嫌いな人がいて苦痛「嫌いになる心理」を知れば、もう他人に振り回されない

嫌いな人
会社に嫌いな人がいて苦痛「嫌いになる心理」を知れば他人に振り回されない会社に嫌いな人がいてストレスもたまり苦痛!できるだけ距離を置いて避けたいところですが、それはあなたの感情を無視した、ただの応急処置でしかありません。人を嫌いになる理由を知り、自分と向き合うことで解決へ。嫌いな人が減ると心が軽くなり、憂鬱な会社員生活からも解放されていきます。...

人は他人を通して、自分を見ています。
自分の中の嫌いな部分を持っている人のことを、嫌いになります。

職場環境で今後の人生が変わる

社会人にとっての価値観は、環境で大きく変わってきます。

環境によって、さらに成長できるのか?
それとも気が付けば・・自分も我慢ばかりで被害者意識も強くなっているのか?

人の感情は、ものすごいエネルギーをもっています。
ネガティブな感情は人にも感染していきます。

例えば、職場内にイライラしている人がひとりいるだけでも、空気が重く感じる時もありますよね。

それだけ他人の感情に影響されているということです。

こちらの1分ほどの動画で、ネガティブなエネルギーが人へと感染していく様子が表現されています。

上司にまとめる力がない場合は、自分の力だけでは職場環境の改善は難しいです。

愚痴、悪口が多い職場環境を改善できそうにないと思った時は、次のステージにいくしかありません。

人はチャレンジしないと、どんどんつまらない人になっていきます。

とはいえ、いきなり転職は不安だと思う人は、さいごに今の会社でやるべきことを紹介します。

職場を変えたい人が今やるべきこと

いつでも今の職場から抜ける準備を始めることで、選択肢も広がり心にも余裕が出てきます。

今から準備しておくことを、2つだけ紹介します。

1.実績を作ること

今取り組んでいる仕事が将来の「職務履歴」になっていくことを意識しながら、業務の取り組むことです。

つまり、会社という場所を借りてあなた自身をバージョンアップをしていくのです。

でも今の仕事って成績とかも関係ないし、指示されたことをこなすだけだしな・・という人ももっと視点を変えてみましょう。

あなたが当たり前にしていることほど、強みでもありアピールポイントになります。

自分の才能を明確にしたいならこちらを参考に自分に合った仕事、働き方を見つける「才能、強みを知る3つの方法」

自分に合った仕事を見つける
自分に合った仕事、働き方を見つける「才能、強みを知る3つの方法」自分に合った仕事を見つけるためにはまずあなたの「才能、強み」を知ることです。人には向いている仕事、向いてない仕事があります。合ってない仕事につくほど辛いことはありません。そこで自己分析診断(有料、無料)から日常から探す方法まで紹介、これで自分に合った仕事を探すことができます。...

2.目的を明確にする

目的も目標もなく生活のために仕事をしているだけでは、転職してもまた不満がでてくるかもしれません。

これでは同じことの繰り返しになってしまいますよね。

やりたい仕事がない、分からない人は具体的にどんな職種に就くというよりは

まず「私はどうありたいか?」と考えてみることです。詳しくはこちら「やりたい仕事が分からない」のは探す順番が違ったから!失敗しない適職の見つけ方

やりたい仕事が分からない
「やりたい仕事が分からない」のは探す順番が違ったから!失敗しない適職の見つけ方やりたい仕事が分からないのは、ほとんどの人にはやりたいことがないからです。物事から考えるより「私はどうありたいか?」と目的から探し、その手段となるのが仕事です。やりたい仕事が分からない人こそ、あなたの心の中に眠っている目的を思いだすことから始め、適職を見つけることです。...

仕事への意識が低い人は、愚痴や悪口の多い職場でもなんとかやっていこうと考え、自分の居場所作りのために誰かを責め続けます。

でもあなたは、愚痴や悪口の多い職場にうんざりしているということは、十分意識が高い人です。

ぜひ、今日から今の会社で実績を作り、ステップアップしてみて下さい。

環境は人を、良いようにも悪いようにも変えていきます。

今の職場、自分に合っていますか?
転職サイトの選び方 派遣会社の選び方