同僚との人間関係

会社に嫌いな人がいて苦痛「嫌いになる心理」を知れば他人に振り回されない

嫌いな人

会社に嫌いな人がいると、顔を見るだけでもイライラして、会社に行くのもだんだんイヤになってきますよね。

友達は選べても、同僚を選ぶことができず、これ以上ストレスを溜めないためにも

嫌いな人とはできるだけ距離をおきたいけど、避けられない場合だってあります。

そこでこの記事では、「人を嫌いになる心理」を解説します。

他人を嫌いになる心理を知ることで、心が軽くなるだけでなく「自分にはこんな人格があったんだ・・」と、本当の自分を知ることもできます。

人を嫌いになる心理

人に対して「好き」「嫌い」「無関心」と3つの感情がありますが

会社に嫌いな人がいても無視して知らん顔しておけばいいのに、行動・言動がイチイチ気になってしまう人っていますよね。

それは、他人を通して「自分の中にある嫌いな部分」を見ているからです。

これを「投影」といいます。

例えば、あなたに中には「言い訳してはいけない」というルールがあり、それを破ってしまう自分が許せない

つまり「言い訳する自分が嫌い」だとします。

それなのに、隣にいる同僚は平気で言い訳をしている。
その姿を見て「この人嫌いだわ!」って感じるわけです。

さらに、エスカレートすると自分の中のルールは正しいはずだ!と正当化するために

他の同僚に確かめようとします。
それが聞く人によっては、愚痴や悪口に聞こえてしまいます。

でもその愚痴や悪口は全て、自分の嫌いな部分に向かって言っているのと同じなので、自分自身を苦しめるだけになります。

「言葉はブーメラン」といいますが、まさにその状態です。

もし、言い訳する自分が嫌いでなければ、言い訳する同僚の言動は気になりません。

「他人は合わせ鏡」といって「自分の中にないものは反応できない」ようになっています。

嫌いな人は、自分の中の嫌いな部分を持っている人です。

自分を許すことで嫌いな人がいなくなる

会社の嫌いな人に毎日イライラさせられ、ストレスもたまり、これからもずっと続くのかと思うとうんざりしますよね。

この嫌いな人に支配されている状態から解放されるためには、自分の中にある嫌いな部分を受け入れることです。

「○○でなければいけない」
「○○をしなければいけない」など

自分の中のルール(価値観)を破ってしまう自分自身を許せない!その心理が「嫌いな人」を作ってしまうのです。

他人を通して自分自身の姿を映しだすことを「投影」といいますが

これは人だけでなく、物や出来事にもおこります。

現実は変えられる
「人間関係が辛い」その現実を創っていたのは、実は自分自身だった!人間関係が辛いなど今目の前の現実を創っているのは、自分自身です。現実はあなたの心の内側を映しだしているだけという「投影」の心理を解説します。投影を知れば、人それぞれの見ている現実が違うと分かれば他人を尊重でき、自分自身の現実も変えることができます。...

では、嫌いな自分とどう向き合えばいいのか?

嫌いな自分との向き合い方

「嫌いな自分」と「好きな自分」を分裂させればさせるほど、苦しくなります。

だから「今の私はこんなものか~」仕方ないと認め、許してしまうことです。

ダメな自分も受け入れた方がずっと楽に生きられます。

自分を許せたら、他人も許すことができます。

つまり、どこにいっても心がフラットな状態でいられるようになります。

ただし、あなたの中にある「嫌いな自分(ダメな自分)」を受け入れましょう!とサラッと書きましたが

「嫌いな自分」は、簡単には受け入れなれないものです。

だから「この人無理だわ~」と、嫌いな部分を見てイライラするのですが

でも、大丈夫です!

自分と向き合い、「嫌いな自分(ダメな自分)」も私には必要だったんだ!と分かるだけで、徐々に受けれることができます。

自分の中の嫌いな部分も実は必要なんです

嫌いな自分(ダメな自分)はあたなが「成長」するために必要なのです。

先ほどの「言い訳する自分が嫌い」の例で説明すると

1.嫌いな人を通して、言い訳する自分が許せないと気づいた

2.もし言い訳する自分がいても、自己否定しないで一旦受け入れる

3.でも、ずっとこのままではいけないので、意識して変わるようにする

これが成長ですよね。

つまり、人が今より成長するためには「嫌いな自分(ダメな自分)」も大切な存在だった!ということです。

人は誰でも変わりたいと思うものですが、何をどう変えていいか具体的に分からないものですよね。

でも、自分の中にあるダメな自分も適度に働いてくれるおかげで、本来の目的に気づき、成長できます。

ネガティブな気持ちの裏には、目的が隠れているものです。

大切なのは「ダメな自分」を排除するのではなく、許してあげることです。

今すぐ認められない
簡単に受け入れられない

という人は「今の私」と付け加えてみて下さい。

「また言い訳してしまった~これが今の私なんだから仕方ないか~」という感じです。

嫌いな人を見て「あっこれが今の私なんだ・・」と冷静に見て、受け入れ許してあげる

自分のことが許せるようになってくると、他人に囚われて振り回されることもなくなってきます。

他人を批判
他人を批判したくなった時こそ、今自分が苦しんでいることが分かる他人を批判したくなることは誰にでもありますが、批判してしまう自分にも疲れてしまいますよね。人はなぜ他人の言動や行動を批判したくなるのか?他人を批判したくなる心理さえ分かれば、あなたが今、縛られて苦しんでいる原因を知ることができます。...
今の職場、自分に合っていますか?
転職サイトの選び方 派遣会社の選び方