女性同士の人間関係

【女の職場】面倒な人間関係に巻き込まれない人は女性心理を知っていた

女の職場の人間関係

職場の女性同士の人間関係は複雑で面倒な時もあり、男性と話しているほうが気楽だなと思う時がありますよね。

「女性の敵は女性」といわれるくらい、同性には厳しくこの人は「敵か?」「味方か?」と判断する傾向にあります。

女性は面倒だからと男性とばかり話していたら、ますます距離ができ、接することがもっと億劫になってきます。

そこでこの記事では、女性特有の心理から対処方法をまとめました。

これで職場での女性同士の面倒な人間関係に巻き込まれず、だからといって「孤立」することもなく、女性から好かれる女性にもなっていきます。

職場で嫌われやすい女の特徴

女性特有の心理には、共感してほしい、共有したい、感情を分かち合いたい、言葉にしないけど察してほしいなどありますが

同じ女性でも元々、女性特有の心理傾向が強い人と弱い人の差はありますが、社会に出てからもこの傾向が強い人ほど、同じ女性から嫌われやすくなってしまいます。

人は理解できないことに不安や怖さを感じますが、原因が分かれば感情的にならず、冷静に対処することができます。

では、職場で嫌われる女の特徴と対処方法を紹介します。

群れるのが好きな女に巻き込まれたくない

女性は群れることで心が安定します。

さかのぼること原始時代、男は狩りに出掛け獲物をとり、女は留守番し集落でコミュニティを作り、情報を共有し分け合うことで、人々のつながりを維持しようとしていました。

そのため、女性は集団の中にいることが大切だと思っています。

女性は「敵」「味方」と判断し、自分たちのグループとは違うタイプの人が入ってくると排除しようとします。

これも自分たちの命を守るための防衛本能なのかもしれませんね。

学生の頃はグループ化することも多かったですが、社会に出てもまだ、職場内で群れることを大切にしている人もいます。

考え方や好き、嫌いが違うと感じた時は、仲間から排除しようとし、いない人の悪口となりグループは変化していきます。

相手に無理して合わせ、悪口を聞いて共感したところで、グループ内では信頼されることはありません。

見た目だけの面倒なつながりを避けるには、人間関係に気づいてない鈍感な振りでかわすことです。

そして、面倒な相手であってもひとりの人として尊重し、他の同僚と同じように接することです。

さらに詳しい対処方法はこちら「派閥を作りたがる女に巻き込まれず、有利な立場になるには」

職場の女性同士の派閥対処法
【女の職場】派閥を作りたがる女に巻き込まれず、有利な立場になるには職場での女性同士の派閥やグループを作るたがる面倒な女性っていますよね。人の悪口や批判で味方(仲間)で固めたがる人、派閥の板挟みにも孤立もせず、中立的な立場でいられるには、まず女性の心理を知り対処することです。これであなたは職場内で有利な立場でいられます。...

女は比較しては嫉妬する

女性の嫉妬は、男性の嫉妬と比べると感情に結びつきやすくなっています。

仕事だけでなく、恋愛、ライフスタイルなど自慢する気はなくても、何気なく話したことで嫉妬されることにも

特に女性は「自分は自分、人は人」と分けて考えることが苦手です。

対処方法としては、プライベートのことまでベラベラ話して、相手を刺激しないことが無難です。

【女の職場】嫉妬からの嫌がらせを解決したいなら好かれようとしないこと

女の職場の嫉妬対処
【女の職場】嫉妬からの嫌がらせを解決したいなら好かれようとしないこと職場での女性同士の嫉妬からくる嫌がらせの対処法を紹介。他人と比較したがるのは女性の特徴でもありますが、人間関係を良くするため無理して好かれようとすると逆効果になることもあります。嫉妬する女性心理から嫉妬された時、今後嫉妬されないための対処方法まで解説...

嫌みばかり言ってくる女

「自分の言葉」としてはっきり言わないのが女性の特徴でもあります。

本当は自分の意見なのに「普通はさ~」「常識的に考えたら~」と遠回しに言われることで、嫌みに聞こえてしまいますよね。

自分の中にたくさんのルールを持っていて、我慢するのが当たり前となってくることで、それを相手にも要求してきます。

これは相手の女性が「どれだけ縛られて生きているか」という話で、相手の問題になります。

嫌みを言われると気分は悪いけど、聞き流し、同情してあげることです。

反応して言い返してしまうと、中には人格を否定されたと思い、ますますエスカレートしていきます。

嫌味は聞き流し、仕事の時は他の同僚と同じように接し、相手を尊重することです。

女性上司や先輩は自分の話ばかりでつまらない

女性は、自分の打ち明け話が大好きで、会話の話題は年代によって違ってきます。

20代は恋愛やファッション、30代は結婚や子供、40代は健康など

男性は年代に関係なく、趣味や仕事の話題で盛り上がれ、女性の中でも相手の価値観に合わせて話せるコミュニケーション能力が高い人もいますが

自分の話ばかりしてくる人は、認めてほしい人です。

自分で自分のことが認められない人は、他人にゆだねてしまいます。

その傾向が強い人には共感、肯定してあげることで、あなたは信頼されるようになっていきます。

できるだけ避けたいところですが、避けられない状況では、社内で信頼を築くための仕事のうちと、割り切ってしまうことです。

社内のコミュニケーションを上手くとることができたら、自分自身も仕事のしやすい居心地の良い場所になっていきます。

その他「職場での女性同士の人間関係」記事一覧はこちら

職場の女性から好かれる女性になるには

職場内で孤立することなく、信頼され、好かれる女性は相手を尊重できる人です。

面倒な相手でもひとりの人として尊重することで、誰にでも平等に接することができます。

職場内の面倒な女性は、周りに認められたい、劣等感を隠すため強く見せたい、共感されないと不安などいろいろな感情があっての行動だと分かりました。

みんな自分を守るためなんです。

だからといって他人を変えることはできないし、それは相手の課題でもあります。

相手の領域に入りすぎず、ひとりの人として尊重することで裏表がない人と思われ、あなたは信頼され癒しの存在にもなっていきます。

職場の群れない女性
職場で群れない女はかっこいい!同性からも好かれる自立した女性とは職場で群れない女性はかっこいいですよね。社内で孤立しているわけでもなく、同性からも好かれ精神的にも自立した女性なるには、群れたがる女性心理を理解しつつ、同僚を尊重できる人になることそして「どう思われるか」より「私はこういう人になりたい」と決めてしまうことです。...

とはいえ、そこまで広い心になれないから巻き込まれ悩むこともありますよね。

いくら自分は精神的に自立し、無理して好かれようとしないと思っていても

面倒な人ばかりが中心になっている職場もあります。

私も、ひとりだけではどうにもならない職場を経験したことがありますが、

人は良くも悪くも環境に染まりやすいです。

自分の職場(居場所)を間違えることで、ストレスもたまり活躍できないまま、悲惨な会社員生活になってしまいます。

そうならないためにも、自分のことをもっと理解し、本来の力を発揮できる場所を選ぶことです。

あなたが今の職場環境に染まってしまう前に、ステップアップすることも選択肢のひとつに入れることで、心に余裕がでてきます。

自分の才能を活かした仕事を探すにはこちら 自分に合った仕事、働き方を見つける「才能、強みを知る3つの方法」

自分に合った仕事を見つける
自分に合った仕事、働き方を見つける「才能、強みを知る3つの方法」自分に合った仕事を見つけるためにはまずあなたの「才能、強み」を知ることです。人には向いている仕事、向いてない仕事があります。合ってない仕事につくほど辛いことはありません。そこで自己分析診断(有料、無料)から日常から探す方法まで紹介、これで自分に合った仕事を探すことができます。...
今の職場、自分に合っていますか?
転職サイトの選び方 派遣会社の選び方