女性同士

職場での女性同士の人間関係が面倒な人へ!巻き込まれないための対処方法

女の職場の人間関係

職場での女性同士の人間関係は複雑で、面倒なことも多いですよね。

「女性の敵は女性」といわれるくらい、同じ女性に対して「敵か?」「味方か?」と厳しく判断する傾向にあります。

女性同士は面倒だからといって、男性とばかり話していたら、ますます距離ができ接することがさらに億劫になってきます。

そこでこの記事では、「女性特有の心理」とその「対処方法」をまとめました。

これで職場での女性同士の面倒な人間関係に巻き込まれず、だからといって「孤立」することもなく、女性から好かれる女性にもなっていきます。

「女性同士の人間関係」タイプ別対処方法

女性特有の心理には

・共感してほしい
・共有したい
・感情を分かち合いたい
・言葉にはしないけど察してほしい

などあります。

同じ女性でも女性特有の心理傾向が強い人と、弱い人の差はあります。

社会に出てからもこの傾向が強い人ほど、同じ女性から嫌われやすく面倒な人になっていきます。

同僚に対してどんなに不満があっても他人を変えることはできないので、あなた自身が変わるしかありません。

では、職場にいる面倒な女性のタイプ別に対処方法を紹介します。

「群れるのが好きな女性」には鈍感なふり

女性は群れることで心が安定します。

さかのぼること原始時代、男は狩りに出掛け獲物をとり、女は留守番し集落でコミュニティを作り、情報を共有し分け合うことで、人々のつながりを維持しようとしていました。

そのため、女性は集団の中にいることが大切だと思っています。

女性は「敵」「味方」と判断し、自分たちのグループとは違うタイプの人が入ってくると排除しようと悪口などが始まります。

これも自分たちの命を守るための防衛本能なのかもしれません。

学生の頃はグループ化することも多かったですが、社会に出てもまだ、職場内で群れることを大切にしている人もいます。

悪口を聞いて共感したところで、そのグループ内では信頼されることはありません。

見た目だけの面倒なつながりに巻き込まれないためには、人間関係に気づいてない「鈍感な振り」をしてかわすことです。

そして、面倒な相手であってもひとりの人として尊重し、他の同僚と同じように接することです。

さらに詳しい対処方法はこちら「派閥を作りたがる女に巻き込まれず、有利な立場になるには」

職場の女性同士の派閥対処法
【女の職場】派閥を作りたがる女に巻き込まれず、有利な立場になるには職場での女性同士の派閥やグループを作るたがる面倒な女性っていますよね。人の悪口や批判で味方(仲間)で固めたがる人、派閥の板挟みにも孤立もせず、中立的な立場でいられるには、まず女性の心理を知り対処することです。これであなたは職場内で有利な立場でいられます。...

「嫉妬する女性」にはプライベートの話は禁句

女性の嫉妬は、男性の嫉妬と比べると感情に結びつきやすくなっています。

仕事だけでなく、恋愛、ライフスタイルなど自慢する気はなくても、何気なく話したことで嫉妬されることにも

特に女性は「自分は自分、人は人」と分けて考えることが苦手です。

対処方法としては、プライベートのことなど自分からベラベラ話して、相手を刺激しないことが無難です。

【女の職場】嫉妬からの嫌がらせを解決したいなら好かれようとしないこと

女の職場の嫉妬対処
【女の職場】嫉妬からの嫌がらせを解決したいなら好かれようとしないこと職場での女性同士の嫉妬からくる嫌がらせの対処法を紹介。他人と比較したがるのは女性の特徴でもありますが、人間関係を良くするため無理して好かれようとすると逆効果になることもあります。嫉妬する女性心理から嫉妬された時、今後嫉妬されないための対処方法まで解説...

「嫌みな女性」でも尊重する

女性は「自分の言葉」として、はっきり言わないところがあります。

本当は自分の意見なのに「普通はさ~」「常識的に考えたらさぁ~」「○○さんも言ってたけど・・」と遠回しに言われることで、嫌みに聞こえます。

嫌みを言いたくなるのは、人は他人を通して自分の姿をみているからです。

詳しくは「会社に嫌いな人がいて苦痛「嫌いになる心理」を知れば他人に振り回されない」

嫌いな人
会社に嫌いな人がいて苦痛「嫌いになる心理」を知れば他人に振り回されない会社に嫌いな人がいてストレスもたまり苦痛!できるだけ距離を置いて避けたいところですが、それはあなたの感情を無視した、ただの応急処置でしかありません。人を嫌いになる理由を知り、自分と向き合うことで解決へ。嫌いな人が減ると心が軽くなり、憂鬱な会社員生活からも解放されていきます。...

嫌みを言われると気分は悪いけど、聞き流し、同情してあげることです。

反応して言い返してしまうと、中には人格を否定されたと思い、ますますエスカレートしていきます。

女性同士の人間関係を良くすには、嫌味な部分だけを聞き流し、他の同僚と同じように接し、相手を尊重することを忘れないことです。

「女性同士の雑談」も仕事のうち

女性は、自分の打ち明け話が大好きです。

同じ女性にも相手の価値観に合わせて話せるコミュニケーション能力が高い人もいますが、自分の話ばかりする人は、他人に認めてほしい人です。

自分で自分のことが認められない人は、他人に評価をゆだねてしまいます。

だから自分の話ばかりする人には共感、肯定してあげることで、あなたは信頼されるようになっていきます。

興味のない女性同士の雑談は避けたいけど、避けられない場合は社内で信頼関係を築くための仕事だと、割り切ってしまうことです。

社内のコミュニケーションを上手くとることができたら、自分自身も仕事のしやすい居心地の良い場所になっていきます。

女性同士の会話つまらない原因
女性同士の会話がつまらない、疲れる原因は脳の違いだった【女の職場】同じ女性でも職場の女性同士の会話がつまらい、疲れてしまい昼休みが苦手と感じるあなたは男性脳かもしれません。なぜ、女性同士は噂話が好きなのか、集団行動したがるのか?を詳しく解説します。女性心理を知ることで相手を尊重し女性同士の人間関係も上手くいきます。...

女性同士の人間関係は信頼で決まる

職場内で孤立することなくもなく、好かれる女性になるには相手を尊重することです。

面倒な相手でもひとりの人として尊重することで、誰にでも平等に接することができます。

職場内の面倒な女性は、周りに認められたい、劣等感を隠すため強く見せたい、共感されないと不安だからといったいろいろな感情があっての行動です。

みんな自分を守るためなんです。

だからといって他人を変えることはできないし、それは相手の課題でもあります。

相手の領域に入りすぎず、ひとりの人として尊重することで裏表がない人と思われ、あなたは信頼され癒しの存在にもなっていきます。

職場の群れない女性
職場で群れない女はかっこいい!同性からも好かれる自立した女性とは職場で群れない女性はかっこいいですよね。社内で孤立しているわけでもなく、同性からも好かれ精神的にも自立した女性なるには、群れたがる女性心理を理解しつつ、同僚を尊重できる人になることそして「どう思われるか」より「私はこういう人になりたい」と決めてしまうことです。...

とはいえ、そこまで広い心になれないから巻き込まれ悩むこともありますよね。

いくら自分は精神的に自立し、無理して好かれようとしないと思っていても

面倒な人ばかりが中心になっているどうしようもない職場もあります。

私も、誰かの悪口でつながっているだけの職場を経験したことがありますが、人は良くも悪くも環境に染まりやすいです。

自分の職場(居場所)を間違えることで、ストレスもたまり活躍できないまま、悲惨な会社員生活になってしまいます。

そうならないためにも、自分のことをもっと理解し、本来の力を発揮できる場所を選ぶことも大切です。

あなたが今の職場環境に染まってしまう前に、ステップアップすることも選択肢のひとつに入れることで、心に余裕がでてきます。

自分に合った仕事を見つける
自分に合った仕事、働き方を見つける【才能、強みを知る3つの方法】自分に合った仕事を見つけるためにはまずあなたの「才能、強み」を知ることです。人には向いている仕事、向いてない仕事があります。合ってない仕事につくほど辛いことはありません。そこで自己分析診断(有料、無料)から日常から探す方法まで紹介、これで自分に合った仕事を探すことができます。...